こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

市田副委員長を迎えて演説会開催

5月21日(日)ベイシア文化ホール(県民会館)で市田忠義党副委員長・参院議員を向かえて日本共産党演説会が行われました。
e0258484_2016198.jpg


演説会に先立ち、大澤綾子さんのピアノのソロ演奏による歌声が会場を和ませました。
 酒井宏明県議の司会で、小管啓司党県委員長、吉村駿一党後援会長のあいさつ。
 続いて、ぐんま市民連合へいわの風の大川さんが連帯の挨拶。民進党群馬県委員会からもメッセージが届きました。
 そして、衆院群馬1区の店橋せつこ予定候補など5人の小選挙区予定候補が決意を述べました。

 梅村さえこ衆院議員は、2014年の日本共産党の21議席への躍進で、北関東比例ブロックで、塩川鉄也衆院議員に続き議席を勝ち取り、前橋の徴税問題や八つ場ダム問題など質問してきた。TPPや共謀罪で農水委員会や法務委員会にも所属し、党の国会議員団の頑張っている様子を報告。
議席増へ頑張ると決意表明。
 
 市田氏は、共謀罪法案を自民公明、維新が衆院法務委員会で強行採決したが、国会会期末まで日が無く、会期延長は都議選に影響。強行しかなく追い詰められているのはむしろ自公だ。維新は悪政の先導役。「共謀罪法案は衆参両院で可決しないと成立しない。国民を監視し思想・良心の自由を奪う共謀罪廃案に力をあわせよう」と述べました。
 さらに市田氏は「安倍政権の2つの特徴は①もはや安倍さんの車にはブレーキが無く暴走政治に歯止めがない②モラルハザードを起こし倫理が無い」と指摘。

 安倍首相は憲法改定に言及し、オリンピックまでに新憲法を施行するとまで言及。「戦力不保持、交戦権認めない」とした憲法9条の条文は残し3項に自衛隊を書込むという。
 安倍政権は集団的自衛権行使の閣議決定で「武力行使はできない」に風穴を開けた。自衛隊を書きこむことは、9条2項をなし崩しにし戦争への道を突き進むことになる。

「安倍支持率が高いのは、安倍に代わる野党の力がまだ見えないから。安倍政治に代わる野党連合政権めざし力をあわせよう」と呼びかけました。

e0258484_20173928.jpg


演説会後、市田さんを囲むつどいを開催。
市田さんは、
我々はどういう時代に生きているか。川の平面だけ見るとアベさんのやりたい放題に見えるが、深部では大きな流れが。本流を直視することが大切。
 今戦争か平和かで、激しい綱引きをしている。
旗を振って応援していただくことも嬉しいが、ぜひ綱を握って一緒に引っ張ってほしい。
と呼びかけました。
 
[PR]
by hisako-koba | 2017-05-22 20:30 | 演説会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba