こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:地域( 10 )

e0258484_18284350.jpg


8月6日、大胡地域で「議会報告と国保学習会」を開きました。
店橋せつこ衆院群馬一区予定候補と酒井宏明県議に駆けつけて頂きました。

核兵器のない世界に向けて大きな一歩
 
店橋せつこさんは「この間の安倍政権の加計・森友学園問題などの国政の私物化や自衛隊の日報隠しなど許されない。国会の場で加計氏、首相夫人、稲田前防衛大臣など関係者を呼んできちんと真相を明らかにすべき。」述べました。
 また「7月に国連で『核兵器禁止無条約』が採択され核兵器のない世界に向けて大きな一歩が踏み出された。しかし、唯一の被爆国である日本が出席せず、安倍首相は条約に署名することはないと言い、広島平和記念式典でも一言も触れず。アメリカの核抑止力に依存する日本は、世界の流れに逆行している。
今こそ解散総選挙で安倍政権ノーの国民の審判をくだそう。全力で頑張ります」と決意を語りました。

沖縄で基地被害と自治体のあり方について考える

酒井宏明県議は「群馬でもオスプレイを使った相馬原での日米共同訓練など、群馬の空は米軍の日常的な訓練空域になっています。米軍基地被害に長年苦しみながらも、党派を超えた『オール沖縄』のたたかいを学び、群馬での被害防止の取り組みにいかそうと、沖縄県を訪問し調査しました。」と述べ、「新基地建設が強行されている辺野古では、漁船で埋め立て現場の近くまで案内され、大型クレーンが大量の砕石を沈め、美しい珊瑚の海を無残にも埋め立てていました。キャンプシュワブのゲート前は炎天下約100人が座り込みを続け『辺野古に基地は作らせない』を合言葉に、あきらめない固い意思と連帯に勇気をもらいました」「民間空港の緊急時使用など8つの条件がそろわなければ辺野古に新基地ができても普天間基地の返還は無いという密約の存在」も明らかに。

国保は低所得層が多い
 
 小林久子市議は、6月市議会の報告と前橋の国民健康保険について話しました。
 前橋市の国保加入世帯は51402世帯85944人。低所得層が多い国保は、約8割が所得200万円以下で、法定軽減(国保税の均等割と世帯平等割の2割、5割、7割の軽減を受けている)が加入者の約半分にものぼります。
 前橋市はこのような人からも容赦なく国保税を取り立てて、一昨年は6000件の差押えを強行(昨年は4000件)
 国保税滞納世帯の所得を見ると所得50万円以下が40%にもなります。
 所得50万円以下というのは、給与所得者で1人暮らしなら年収115万円。65才以上の年金生活者1人暮らしの人で、年収170万円です。
 国はこういう階層の人たちからも国保税を納めさせようと始まったのが国民健康保険です。当初は国負担が約50%ありましたが、国はお金を出すのをどんどん削減し、その分国保税が値上げされ、負担の限界に達しています。
 それなのに、国はさらに、増え続ける社会保障費の自然増分1400億円を毎年削減しようと、病院のベッド減らし、要支援の介護保険外し、施設から在宅介護へ、高額療養費の上限引き上げなど立て続けに医療介護の改悪を行っています。
 来年4月から実施される国保の都道府県化(県が運営し、賦課徴収は市)も医療費削減の一環で、国・県の管理を強め、国保税の収納強化を市に押し付けるものです。

国保税は上がるのか下がるのか
 
 問題は高すぎる国保税がさらに引き上げられるのかどうかにあります。しかし、各県が標準保険料率の算定を行っていますが、まだ算定中で、市町村に示されるのはぎりぎりで、来年3月までずれ込みそうです。

 参加者からは、「県に国保試算結果の公表を求めるべき」などの意見も。
無料検診の受診など病気の早期発見で重症化を防ぐこと、給食サービスの利用申請の経験など、制度を良く知り、うまく活用していくことの必要性など発言がありました。

 黙っていたら安倍政権は国民負担とサービス削減をさらに強めてくる。 
 安心して医療や介護が受けられる社会保障の充実に向けて、力をあわせよう。
[PR]
by hisako-koba | 2017-08-10 18:29 | 地域 | Comments(0)
4月19日、第29回東風グランドゴルフ大会(清水誠司実行委員長、笠原寅一事務局長)が好天に恵まれ、天川大島町原町公園で盛大に開催されました。

20チーム120人が参加し、日ごろの腕を競い合いました。例年のようにたくさんのホールインワンが出ました。

私はご挨拶させていただき、事務局のお手伝いをしました。ご挨拶の中で老人クラブから出された陳情書についても報告させていただきました。

天川大島原町1・3丁目老人クラブ会長から、議会に緊急通報システムの充実を求める陳情書が出され教育福祉常任委員会で当局から説明され、質疑が行われました。
本市は対象者が65歳以上、健康状態に不安がある方で、住民税非課税世帯または生活保護世帯などと限定されています。隣の高崎市は希望する人に利用を広げており、平成29年2月現在で2766台です。
前橋市は122台にとどまっています。
地域包括ケアシステムに向けて対象者を拡充する方向で検討したい旨の答弁をしましたので、利用拡大に向け頑張りたいと思います。

e0258484_20392320.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2017-04-25 21:12 | 地域 | Comments(0)
大胡朗読ボランティアひなぎく会と利用者との交流会が開かれました。
毎年行ってきましたが、今年は3月に予定していたのが、公民館の引っ越しで4月に変更になりました。
やはり4月は、日差しもあたたかく、利用者さんには、延期されよかったかしら?

日頃私たちの朗読テープを聞いてくださる地元の利用者さんや、訪問朗読でお世話になっている明光園の利用者さんが来てくれて会の人たちと、おいしいお弁当や、登坂さんちのいちご、桜餅と甘酒も会の方から差し入れがあり、みんなでおいしく食べながら楽しいひと時を過ごしました。

恒例の自己紹介では、とんちやクイズ、絵本の朗読、歌の披露なども交えて、賑やかに。
もちろん朗読あり、全員で大きな声で歌もたくさん唄いました。

e0258484_20182960.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2017-04-24 20:19 | 地域 | Comments(0)

 ある通所介護施設の施設長さんに話を聞きました。

「地域の高齢者のお世話をしようと頑張っているのに、介護保険制度をどんどん悪くし、介護報酬も引き下げられ、職員も正規が雇用できない。

いろいろ煩雑な書類が求められ、介護事業所の閉鎖も相次いでいる。頑張る気持ちを萎えさせる。

介護保険の改悪に反対し頑張ってほしい」と訴え。一緒にがんばりましょう!
[PR]
by hisako-koba | 2016-11-28 22:12 | 地域 | Comments(0)
 7月29・30日の両日、大胡地区で大胡祇園まつりが開催され、大勢の見物客でにぎわいました。
 29日には、大胡城・牧野氏祭りが同時に開催され、大胡城主牧野康成公顕彰会による法要が行われ、
大胡城址では、栃尾衆鉄砲隊と川越藩火縄銃鉄砲隊保存会による演武が行われ、鎧兜で身を固めた武士姿の演武に見入りました。
 31日は八坂神社から神馬を先頭に神輿が町内をまわる渡御が行われ、午後から夜にかけて暴れ獅子が暴れ、厄除けをして練り歩きました。
 
 祭りの運営に実行委員会の人たちや多くのボランティアの人たちが尽力してくださっています。
普段は商店の閉店や郊外移転で、まちなかは閑散としていますが、祭りのときは歩行者天国に人が繰り出しにぎやかで、町も活気に満ちています。大胡に生まれ地域の移り変わりを見てきました。
 貴重な歴史遺産である大胡城址の整備を通して、大胡地区の人々の和と地域の活性化がさらに図れるように力を尽くしていきたいと思います。
 
 
e0258484_1636232.jpg


e0258484_16381554.jpg


e0258484_16394448.jpg


e0258484_16405487.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2016-08-09 17:35 | 地域 | Comments(0)
 前橋市滝窪町に産業廃棄物(廃プラスチック、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、がれき類)を埋め立てる最終処分場の計画が明らかになり、住民の間に不安が広がっています。

 赤城南麓国道353号線沿いの大胡ぐりーんふらわあ牧場の南東わずか600mの地点に、4.4haもの巨大な最終処分場計画で、しかも処分場の下には寺沢川が流れており、下流域も含め、土壌や水質汚染など環境への影響が大変心配されます。地元の人たちも建設をストップしたいと動き始めています。
 
 いわゆる安定5品目といわれる産業廃棄物は、有害物質や有機物等が付着しておらず、雨水等に さらされてもほとんど変化しない、メタンなどのガスや汚水が発生せず周辺環境を汚染しないとして、環境大臣が認めたものです。

 しかし安定型最終処分場は全国でさまざまな問題を起こしており、同様の施設建設に反対する住民運動が全国でおきています。5品目そのものに有害物質が含まれ、環境汚染を引き起こす、分別が徹底されず、5品目以外の安定していない物質を持った産業廃棄物が混入する恐れがある、安定型5品目に限らずあらゆる産業廃棄物の集積場となる恐れがあるなどで、 安定型処分場がこれまで多くの問題を起こしてきており、いくら規制を厳しくしても、完全に安定5品目とそれ以外とを分別することは極めて困難です。
 日弁連も安定型処分場を今後新規に許可しないよう求める意見書を、2007年9月、環境省に提出しています。

 赤城南麓の豊かな自然を守るため産廃施設建設に反対の声を上げていきましょう。

e0258484_16155094.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2016-01-06 17:12 | 地域 | Comments(0)

(株)関電工は苗ケ島町に建設予定の大規模木質バイオマス発電施設計画について、10月3日に隣接団地住民を対象にした住民説明会を、初めて開催しました。

e0258484_19533685.jpg

















住民の反対の声・質問

●赤城の自然環境の中で、静かな生活を送ってきたが、ある日突然降ってわいた事件に怒りを覚える。
●会社は個別に対応すると、私たちが騒がなければ説明会も持とうとしなかった不誠実な対応に信用できない。
●地域の皆様と共に歩む施設として住民理解を得ると言うのなら、反対すればストップするのか。
●最初は群馬県の間伐材を100%使うと言いながら、万が一足りなければ、近県の間伐材も入れると、言っていることが変わること自体信用できない。
●井戸水を1日40~50トンも使うというが、私たちの井戸が枯れたら補償してくれるのか。
●5月に、井戸のためし堀りで酷い騒音を出して住民に迷惑かけながら、お詫びも今まで無く、一流企業のやることでない。
●肝心のチップ工場の説明が無い。これで説明会を終わりにせず、再度開催すべき。
●赤城山のシカから300ベクレルのセシウム出る。群馬県の森林の放射線量のきちんとしたデータを示すべき。
●このような大規模施設できるのに一部住民しか説明しないのは納得できない。近隣自治会にもきちんと説明会をすべき。

 住民からは、様々な疑問や質問が出されましたが、関電工側は、的確に答えることができず、後日改めて説明・回答することに。
 このような企業側の対応に対して、地元住民の不安と不信は増すばかりです。

 考える会は10月6日に、住民の不安が解消されるまで開発許可をしないよう求める陳情書を、市長宛に提出しました。
 細野副市長、中島環境部長、井田建築指導課長、関環境政策課長が対応しました。
 
[PR]
by hisako-koba | 2015-10-06 19:55 | 地域 | Comments(0)
今日1月9日は前橋市中心街で前橋初市まつりが開催されています。

古いだるまを供養し、その煙に当たり、一年の無病息災を祈る神事が八幡宮で行われ、渡御の儀が街中を練り歩きます。国道50号にはたくさんの露店が出店し、だるまや縁起物などを買い求める人で夜まで人の波が続きます。

e0258484_14162898.jpg

e0258484_141846.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2015-01-09 14:23 | 地域 | Comments(0)

大胡地区文化祭に参加

第44回大胡地区文化祭が盛大に開催されました。

先週は作品展示、囲碁将棋大会、3日は芸能祭と茶道会、8日は音楽祭が開かれます。
総合開会式に続き、芸能祭は琴の演奏で始まり、舞踊、詩吟、民謡、フラダンス、太鼓など多彩な38演目が披露されました。
 
私は、大胡朗読ボランティアひなぎく会と大胡太極拳愛好会の皆さんと舞台に立ちました。

日頃なかなか、活動や練習に参加できませんが、細々と20年あまり続けています。
やはり仲間がいるから続けけられる。そして、もっと上手になりたいという気持ちを持ち続けることができたからと思います。
 幼児から今年100歳の方まで、老いも若きもみんな舞台の上ではいきいき、はつらつと輝いています。
人はより良く生きたいと誰もが思っています。芸術文化活動への参加は、より良く生きる、老いてもますます元気でいるためにも大切です。

平和で豊かであってこそ、芸術文化活動が花開く地域づくりができると思います。
市民の福祉暮らしや平和を守ることとつながっています。

e0258484_18494738.jpg

e0258484_1923051.jpg

e0258484_18454537.jpg

e0258484_18463716.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2014-11-06 19:04 | 地域 | Comments(0)
11日夕、前橋・高崎などで強風による建物などへの被害が相次ぎました。
前橋地方気象台によると、午後6時19分に前橋で、最大瞬間風速23.4メートルを観測。
県内に竜巻、落雷、ひょう、」急な強い雨などへの注意をよびかけていました。

市によると、強風の被害状況は、負傷2人(軽傷)、屋根の破損16件、倒木11件、電柱の倒壊1件のほかに、窓、建具、ガラスの破損、車の被害、停電などが出ているようです。

e0258484_16203947.jpg

粕川町新屋では、作業場などの建物が吹き飛ばされ、周囲の道路をふさぎ、通行止めに。
電柱が倒れ、付近の家は一時は停電になりました。
12日朝から撤去作業がはじまりました。東側の家は2階の壁に穴が開くなどの被害が。道路北の家々は住宅への被害は免れました。
大きな太い鉄骨が空を舞う程の自然の破壊力を目の当たりに見て、ひとりの方が軽傷を負ったと聞きましたが、一歩間違えばと思うと、おおきな人災に至らずほっと胸をなでおろしました。
[PR]
by hisako-koba | 2013-08-12 17:18 | 地域 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba