こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:活動報告( 51 )


e0258484_17501896.jpg
本日、県庁前で、アベ9条改憲を許さない、女性のアピール宣伝を行いました。
雪がまだ残る寒風吹きぬける中でしたが、「誰の子どもも殺させない」「憲法9条日本の宝」
「安倍9条改憲ノー!」などと道行く人や車にアピールしました。
 通りかかった女性から「がんばってください」などと声がかかり、車からも手を振る人もいて、
寒かったけど、元気に行動しました。


[PR]
by hisako-koba | 2018-01-24 17:53 | 活動報告 | Comments(0)
給食費の無料化が全国に広がっています。
群馬県内では完全無料化が2市3町3村の8自治体に拡大、一部無料化に11自治体が取り組むなど確実に広がっています。
前橋市の小中学校同時通学の第3子以降のみ無料化は、今や県内の実施自治体から遅れをとっています。

完全無料化(8自治体)
既に実施=南牧村、上野村、神流町、嬬恋村
17年4月より=みどり市、渋川市、板倉町、
          草津町(第3子以降に1/2補助から完全無料化に)

一部無料化
玉村町(1/4補助17年4月より)
高山村(2/10補助実施中)
大泉町(1/10補助実施中)
安中市(第3子以降・中3実施中、17年4月より中2も拡大)
第2子以降=片品村(実施中)
太田市(第3子以降を第2子に1/2補助17年4月より拡大)
第3子以降=桐生市(実施中 後で補助金振り込む)
榛東村(実施中 小中高校に同時に3人以上在籍)
富岡市(実施中 上が18才未満で3人目以上が小中学校に同時在籍)
前橋市(実施中 小中学校に3人以上同時在籍の3人目から)
[PR]
by hisako-koba | 2017-03-30 18:03 | 活動報告 | Comments(0)
10月22日、樋越町にある明光園で、いも煮会が行われ、熱々の芋煮とおにぎりをみんなで食べて、入所者と家族、地域の皆さんと楽しいひとときを過ごしました。
e0258484_2147718.jpg

大胡第二こども園の園児たちが合奏と歌、入所者のお年寄りへのハンドマッサージを行い、大変喜ばれていました。小林ひさ子議員も参加し、挨拶。
 介護保険の制度改悪に怒りがおさまりませんが、笑顔がたくさんのほっとするひと時でした。
[PR]
by hisako-koba | 2016-11-09 21:51 | 活動報告 | Comments(0)
9条の会群馬ネットワークの集会に参加。
講演会は、「今こそ憲法の力をつけよう」と題して弁護士の伊藤真氏が講演。

 自民党の改憲草案の危険性について『国民の命と生活を守るためでなく、戦前の富国強兵、軍事的経済的に強い国作りを狙うもの』と指摘。
 
 全国10か所で安保法制違憲訴訟がたたかわれ、9条の会群馬には現在73団体が加入。「憲法の理想に現実を近づけること。今を変えれば未来を変えられる。明日の日本は私たちがつくる」と活動を励まし交流しました。

e0258484_21253474.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2016-11-09 21:25 | 活動報告 | Comments(0)
日本共産党前橋地区委員会と党市議団は10月13日、予算要望懇談会を実施し、市内各団体から切実な要望を聞き懇談しました。

柏崎刈羽原発の再稼働反対を

①柏崎刈羽原発の再稼働は、世界最大規模の原発で、前橋にも近く、群馬県の問題として取り組みを強めてほしい。
②大規模木質火力発電施設については放射線量の心配があるので市が独自の測定をするように。

高齢者・障害者にやさしい市政を

①緊急通報装置や給食サービスを希望する高齢者に広げて。
②障害者GPS装置の無料貸し出しを。
③小児慢性疾患の通院費の補助を
④難病見舞金の支給を元に戻して。

高齢者が地域で安心して暮らせるように

①空家など利用し、歩いて通えるところに居場所づくりを。
②地域包括支援センターの職員を増やして。
③マイタクをもっと利用できるように料金を安く。

平和の取り組み強化を
 
①前橋の戦争遺跡を残すことと、若者向けに戦争遺跡マップを作り知らせる。
②「戦災と復興」の復刻版を作り、公民館などに置く。
③米軍ジェット機の低空飛行訓練の中止。
④自衛隊の体験学習をさせない。
⑤原水爆禁止平和行進の出迎えに市長の参加を。
⑥平和都市宣言の看板を市内各所に設置を。

子育て・教育の充実を

①学校給食費の完全無料化を(県内1市1町3村が実施)②就学援助の入学準備金の入学前支給を。
③30人学級の実施を早く(太田市が取り組み開始)
④図書職員を短時間でなく正規の職員に。

 
e0258484_2121202.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2016-11-09 21:22 | 活動報告 | Comments(0)
関電工群馬支社に要請とスタンディング行動

8月5日、関電工が苗が島町に計画中の木質火力発電所建設の白紙撤回を求め、住民約50人が関電工群馬支社前(新前橋駅近く)で要請行動を行いました。

e0258484_17514135.jpg

 「赤城山の自然と環境を守る会」(横川忠重会長)が主催し、呼びかけに応じ炎天下、約50人の市民が集まりました。

e0258484_17521673.jpg

  施設の出力は6千700KW。年間8万トンの間伐材をチップ化して燃やします。福島原発事故で汚染された間伐材の二次汚染、焼却熱による動植物への影響や、千本桜など赤城南麓の自然環境破壊、間伐材輸送の大型車両による騒音や交通環境の悪化、発電による低周波や機械騒音などによる健康被害が懸念されます。
 
e0258484_17524485.jpg

 参加者は関電工群馬支社前で横断幕を掲げ、アピール。マイクで訴え「これ以上放射能汚染を広げないで」「住民の疑問や質問に責任ある回答をすべき」「環境への影響がどうか調査することは企業の責任だ」などと抗議しました。
 
 日本共産党の酒井宏明県議、前橋市議団が参加しました。
 引き続き県庁市役所前に移動し、スタンディングと宣伝行動を行い、県の環境部にも要請を行いました。
[PR]
by hisako-koba | 2016-08-08 17:53 | 活動報告 | Comments(0)
 赤城山の自然と環境を守る会は、6月3日、前回市長に提出した署名約4000筆に加え、今回6000筆あまりを追加し市長に提出しました。
 合計で署名の数は10650筆になりました。

 守る会の人たちは、「今市が環境を守るため、発電所建設を特定地域で規制する条例をつくるためパブリックコメントを実施ししているが、この条例を現在建設予定の大規模木質火力発電所も規制の対象にして、建設をストップしてほしい」と市長に要請しました。 
 しかし、市長は「皆さんと気持ちは同じ」と言いながらも「建設は止められない」と建設推進の立場を示しました。
 
 「民主市政の会」が署名の応援に宮城地区に入り、6月4日「守る会」と一緒に行動。10組で鼻毛石町を回り、約1時間の行動で署名137筆が集まりました。
 寄せられた感想では「どの家も話を聞いてくれ、署名に応じてくれた」「まだ地域の住民には詳しいことが知らされていない」「もっと知らせていくことが必要」などの意見が出されました。
 また、現在市が行っている条例制定に向けたパブリックコメントに市民の意見をどんどん出していくことが必要です。ぜひ皆さん意見をお出しください。
[PR]
by hisako-koba | 2016-06-07 18:18 | 活動報告 | Comments(0)
大胡町中の土蔵を改良した町屋敷「蔵」で朗読ポランティアひなぎく会のおはなしひろばを年4回行っています。
広報班、訪問班、官報班、自由読み物班があり、それぞれが責任もって1回ずつ行っています。
それぞれ月一回朗読テープをふきこんだり、明光園に訪問し朗読したりしています。
題材選び、練習など、皆さん熱心に取り組んでいます。

e0258484_21125087.jpg


5月14日は自由読み物班の担当でした。
落語や朗読の1部と、全員で朗読する2部の「杜子春」など。

みなさんが、足をはこんでくれ、とてもよく聞いてくださいます。
最後はみんなで「花は咲く」をうたいました。ありがとうございました。




e0258484_21115664.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2016-05-16 21:33 | 活動報告 | Comments(0)

グランドゴルフ大会開催

4月18日、天川大島原町公園で、グランドゴルフ大会が開催され、139人が参加しました。
好天の中、日頃の成果を発揮し、好成績が続き、ホールインワン賞も26本も出ました。
皆さん、今後も健康ではつらつとお過ごしください。


e0258484_2019342.jpg

e0258484_20165097.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2016-04-18 20:20 | 活動報告 | Comments(0)
 11月8日号の赤旗日曜版、中国で人体実験や細菌戦を行った日本軍731部隊の記事が強烈でした。
戦後70年の今年、発掘調査で細菌実験室や特設監獄が明らかに。
人体実験の生々しい実態の痕跡、少なくとも3000人以上の中国人捕虜らが人体実験の犠牲に。
人の道にも医学の道にも反する恐ろしいことが何故行われたのか。政府は加害の事実を認めようとしません。

 8日は731部隊を題材にした「悪魔の飽食」コンサートに行ってきました。
作家の森村誠一氏が原詩を、池辺晋一郎氏が編詩、作曲し、1995年から全国縦断コンサートが始まり、今年は群馬県で25回目になります。
 
 戦後70年の節目の年、不戦の誓いが大きく揺らいでいます。
 作曲家の池辺晋一郎氏は、訴えます。
「この作品はいつか歌われなくなるべきだ」
「いつの日か、世界から戦争というものが完全に消滅し、もはやありもしないものになったとき、この歌は意味を失う。その日が来ることを強く信じているが、しかし今は歌わなければならない」と

目を背けてはいけない。731の記憶を歌い、犯した罪を忘れぬため、高く歌おう。未来のために。
[PR]
by hisako-koba | 2015-11-10 19:28 | 活動報告 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba