こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:集会( 20 )

生活を壊す差押えを許さず

8月27日(日)「滞納処分対策」シンポジウムが『滞納対策全国会議』の主催で開催され、県内外から司法書士、税理士、弁護士、大学教授、議員、市民など80人あまりが参加し、問題提起と活発な意見交換が行われました。

最初に税理士の角谷代表があいさつし、次に仲道司法書士から「前橋市の滞納処分の深刻な問題点」について報告。

市民から恐れられる前橋市の収納行政
 
 前橋市は合併した2004年以降差押えが急増。当時は800件台だったのが、昨年は1万件を越え異常に増えている。
 それは、滞納者の財産を徹底的に調査し、滞納者を市役所に呼び出し、納付を迫り、滞納が無くならなければ、差押えで強制的に取るという処方によるものです。
 前橋市の取り立ては全国でも異常で、市民からも恐れられています。
 市民がどうしたら払えるのか丁寧な相談にのるべきなのに、生活実態を無視した差押えが行われています。
 年金・給料が振り込まれた当日差押えたり、生命保険を勝手に解約したり、給料からの差押えの承諾書を書かされたり、納税相談に議員などの同席を認めないなどルールを無視した収納が強行されています。
 実際に前橋市の差押えにあったHさんは、預金口座に振り込まれた年金24万円を即差押えられ「これでは生活できないと言っても職員の目つきは異常で、こちらの言うことは何も聞いてくれない」と発言しました。

誰でも滞納者になりえる

 差税理士の戸田伸夫氏が『滞納処分にるルールあり。適正な徴税実務とは』と題して基調講演。
 納付相談に来た人に「すぐに納めろ」や「○○円以上を納めろ」など実行不可能な分納金額の押し付けや強要は許されない。
 高すぎる国保税など一度支払いが遅れると次の納期に2期分をまとめて払うのは大変で、誰でも滞納者になりかねない。

権力の乱用は自制すべき 
 
 国税徴収法は明治憲法下に作られ、現在の経済活動が大きく変化する中で、滞納処分の対象が動産から預金などの債権に変わる。債権差押えに対する禁止や制限の少ない時代遅れの徴収法で差押えている。差押え禁止額も一人10万円。家族は4.5万円も平成3年から変わっていない。戦後の日本国憲法が定めている基本的人権や幸福追求権など反映されていない。
 民事では裁判所を通した「差押命令」でしかできないが、国税、地方税は裁判所を通さず差押えできる「自力執行権」という強い権力が与えられている。
 同氏は「だからこそ、徴税当局は慎重に慎重を期すべきで、権力の乱用は慎むべき」と指摘しました。

滞納処分の執行は法律を守れ

滞納対策全国会議のメンバー約20人は翌日前橋市収納課に申し入れを行いました。

●国税の専門官は1年間の研修で徴税の勉強を行う。前橋市の職員の研修は60時間(接遇も含めて)これで市民とちゃんと向き合えるのか。
●国税徴収法の改正時に「自力執行権」をこのまま許すのかどうかが議論された。国民の生活を不当に侵害しないことが大前提となっている。だからこそ自制しなさいと書いてある。職員の高いモラルが求められる。●本当に払えないで困っている人には納税の猶予、換価の猶予制度があることをホームページや窓口で市民に教えていないことは問題だ。払えない人に払える条件を作って。●差押え禁止財産も口座に入れば預金とし、年金や給料が入った日を狙っての差押えは止めるべき
[PR]
by hisako-koba | 2017-09-21 20:51 | 集会 | Comments(0)
7月22日~24日に千葉県で行われた自治体学校に参加しました。
「国保の都道府県化」により、国保税の引き上げが心配されます。今後、どう仕組みが変わるのか、どのような運動が必要かなどについて、長友薫輝三重短期大学教授の講演をお聞きしました。

県が国保の管理・監督強める

 2015年の「医療保険制度改革関連法」の改正は、医療費削減が最大の狙いで、来年度から実施する国保の都道府県化もその一つです。
 県が保険者として、『国保運営方針』を決めて各自治体への管理を強めていくことになります。
 さらに、「医療費適正化計画」により、地域医療構想、地域包括ケアシステム、介護の総合事業など、も合わせて一体的管理が強まります。
 国が総枠を決めておいて、後は地域で助け合い、自助、共助で、頑張れというものです。
 国は、高齢化がますます進み、医療費が拡大するという理由をつけて、医療費削減を強めようとしているが、今後女性・高齢者の就職率は高まる傾向にあり、「働く人と働いていない人(支える人と支えられる人)の比率は将来も変わらない」と分析。
 むしろ、女性の進出は、今まで地域のたすけあいの中心的役割を果たしてきた力を低下させることになり、地域の自助と共助に過度に依存してきた地域包括ケアシステムにブレーキをかけることになると問題点を指摘しました。

自治体を点数で競わせる
 
さらに国は「保険者努力支援制度」をつくり、国保の収納率、特定健診受診率、メタボ対策、後発薬使用、がん検診受診率、歯周病などについて、細かく配点し、努力した自治体に支援金をばらまき、競わせます。
 国民皆保険制度の趣旨を忘れ、各自治体を点数で競わせることは問題です。

国保税のさらなる値上げ狙う?
 
 また、低所得世帯の加入が多い国保は、国保財政が赤字の自治体も多く、一般会計からの繰り入れや、高すぎる国保税引き下げのための、独自減免などを行ってきたが、これからは一般会計からの繰り入れを止めさせる方針です。ゆくゆくは、県下統一保険料をめざすなど、さらなる国保税引き上げをねらっています。

地域でつくる医療保障

 地域の医療体制や需要、住民の生活や健康状況を把握、分析し、住民と共に、地域の社会保障を整えていくことが求められています。
 国は、医療支出を抑えるために、自己責任論や、個人の頑張り、地域の助け合いを強調。しかし、社会保障とは、本来、私たちが無理せず、安心して、働き、生きることが出来る社会・地域づくりの追及にある。

 引き続き、高すぎる国保税の引き下げなど運動を連帯して取り組むことの大切さを再認識しました。



社会教育・公民館のはたす役割 
    ~住民の学びの自由と自治の権利を~
         長澤成次千葉大学名誉教授
 戦後の社会教育は「人々の学ぶ権利、学習権」を保障するために、憲法、教育基本法、社会教育法の中にその精神が生き、学習の場として公民館が設置されてきました。
 ユネスコ学習権宣言(1985年)では 学習権を「基本的権利の一つとしてとらえなければならない。学習活動はあらゆる教育活動の中心に位置付けられ、人々を成り行き任せの客体から、自らの歴史を作る主体に替えていくものである。」と述べ、学びの自由を保障してきました。
 しかし、安倍政権は、公共施設の再編・統廃合で公民館の削減や指定管理者制度の導入を推進し、公民館の有料化問題も浮上しています。さいたま市では公民館だよりに「つゆ空に9条守れの女性デモ」掲載を拒否し、裁判中です。
 「公民館は主権者である住民一人ひとりのものです。住民の学習権を保障する拠点としての公民館を通し、地域の自治を守ることが重要」と長澤教授は述べています。 
[PR]
by hisako-koba | 2017-08-07 21:19 | 集会 | Comments(0)
5月3日第32回憲法記念日集会が高崎音楽センターで開かれ、会場いっぱいの1900人が参加しました。

9条の会の呼びかけで 毎月3日の午後1時に「アベ政治を許さない」を掲げアピールしているが開会前1時に会場で実施。

e0258484_19245027.jpg


そして堀越けいにん野党統一予定候補の登場に会場から熱いエールが。

e0258484_19294952.jpg



 
笑いを力にかえて

 松元ヒロさんの安倍政治を風刺するネタの連発に、参加者も「こんなに笑ったことない」くらいの会場大爆笑。「僕は今年68歳になります」と憲法君の語りには感動。

9条の平和主義は解釈改憲でもびくともしない

 記念講演は東大大学院教授で、九条の会事務局長の小森陽一氏。歴代政権による自衛隊海外派兵の策動と「9条の会」の草の根の市民の運動とのたたかい。9人のビックネームが9条の会を呼びかけたのにマスコミ報道は低調。 
それから10年にわたり9条の会の草の根の広がり。最新の世論調査で「憲法変えない方がいい」とする人が多数派に。
安保法制は施行されたが、多くの国民が違憲と見抜いたから、政府は国民監視のもとで発動できない。参院選で明文改憲をねらう安倍政権。
野党共闘と草の根の市民運動の力を合わせて。9条の平和主義はびくともしない。

e0258484_1931476.jpg


 草の根の力が世論を変えるということは、必ず政党も変えていく力になると確信。
[PR]
by hisako-koba | 2016-05-09 19:45 | 集会 | Comments(0)
11月21日(土)大胡シャンテにおいて、木を燃やして発電する大規模発電施設建設(苗ケ島町)反対の集会が開かれました。

 最初に主催者を代表して「赤城南麓の環境と木質バイオマス発電を考える会」(以下考える会)の横川代表があいさつ。羽鳥事務局長が、この間の経過と県や市に申し入れを行うなどの活動報告。
e0258484_19582317.jpg
現在までに署名を2823筆集めました。


 シンポジウムでは丹治杉江さん(原発をなくす前橋連絡会)が、放射能被害で多くの子どもたちが甲状腺がんなど体を蝕まれている福島の現状と「見えない、におわない、痛みが無い放射能の二次被害など許されない。今も苦しむ福島の人たちに思いを寄せてほしい」と訴え。

宮内威さんは、高崎観音山の斜面にメガソーラー設置を止めさせた住民運動と、高崎市が作った環境や景観を守る規制条例を紹介「住民の団結と行政が壁になってくれたことが大きい」と。

斉藤衛さん(京都大学名誉教授)は「バイオマス発電の発電効率は約20%で、80%の熱は逃げ非効率。発電目的だけで木を燃やすのは資源の無駄遣い、環境破壊、経済事業としてあり得ない」と指摘。

 「考える会」の野原さんは「山の急斜面の間伐は不可能に近い。群馬で足らず県外など放射能の高い地域からから木を持って来れば放射能の二次被害を広げる」

松宮さんは「那珂川のチップ工場に行き騒音被害など住民の話を聞いた。おいしい水や鳥の鳴き声、空気がきれいな環境壊したくない」と発言。

会場からも活発な意見が出され、集会決議を市や県に送ることになりました。
「この活動をまず多くの人に知らせていくことが大事。私も広げます」とうれしい会場からの発言も。

福島原発事故から4年8か月。
原発からの撤退と再生可能エネルギーへの転換が求められます。
しかし、メガソーラーや大規模木質バイオマス発電など企業の利益を優先して環境を壊し、災害などの危険性が問題となっています。地産地消エネルギーはどうあるべきかが問われています。
[PR]
by hisako-koba | 2015-11-26 19:59 | 集会 | Comments(1)
 赤城山の千本桜の隣の電力研究所敷地の一部を買い取り、関電工が大規模木質バイオマス火力発電所建設計画が突然に。付近の住民は静かで豊かな愛すべき赤城の自然環境を守ろうと立ち上がりました。 

 年間8万トンもの間伐材を、ほぼ毎日20年間燃やし続けることが環境にやさしいと言えるのか。
 建設をストップさせるために署名運動に取り組み、前橋市大胡町シャンテで11月21日午前10時からシンポジウムが開催されます。
 ぜひお出かけください。そして赤城山の自然環境を守るため力を合わせましょう。

e0258484_13493066.jpg 
[PR]
by hisako-koba | 2015-11-06 13:55 | 集会 | Comments(0)
未来を切り開くいっせい地方選勝利へ

第41回赤旗まつりが東京夢の島公園で11月1日~3日まで開催され、全国から約15万人が参加しました。
 4年ぶりに開催された赤旗まつりは、1日はあいにくの雨でしたが、2日3日は好天に恵まれ、前橋からは2日にバス7台で参加しました。
 中央舞台の前は、すでに人で埋め尽くされ、仕方なく舞台脇に陣取り、それぞれお目当ての物産を探しに、込み合う会場内を人を掻き分け歩き回りました。



党を大きくすることに日本の未来かかっている
 
 2時からは志位委員長の記念演説。国民の声を聞かない『強権政治』と、カネまみれの『金権体質』の安倍政権の暴走は、平和の問題でも暮らしの問題でも、いよいよあらわになっています。

 志位氏は、安倍政権の亡国の政治に正面から対決するとともに、あらゆる問題で抜本的対案を示し、実現のために地方でも国政でも、国際舞台でも行動する日本共産党の役割を明らかにしました。「この党を大きくすることに、日本の未来はかかっている」と語り、開場のあちこちからから「そうだ!」との掛け声が。熱気に包まれ会場がひとつになりました。

酒井宏明県議も会場で決意表明
 
 酒井宏明県議は、群馬のテントで「オール与党の群馬県議会とスジを通し対決し、対案を示し、県民の暮らしを守るため頑張る共産党の議席を必ず」と県議選必勝の決意を語りました。
 また、来るべきいっせい地方選挙予定候補者が中央舞台に勢ぞろいし、次期衆院選挙の予定候補者も発表され、党躍進の流れを本格的流れとするために元気と確信を持つことができました。
 2日のトリは八代亜紀さんが大ヒットした「雨の慕情」「舟唄」など熱唱し、迫力ある生の歌声に会場が魅了されました。

参加して元気出た

 参加者は「すごい人でびっくりした」「党の歴史展が良かった」「おいしいもの試食しお土産も買った」「焼酎を試飲し買った満足」などの感想が。

  私は、政治を変えたいと頑張る全国の仲間に大いに励まされました。
 国民の声に耳を傾けない安倍暴走政治に国民の怒りは頂点に達しています。何としても選挙で鉄槌を!
 群馬県議会も、大型幹線道路や高崎コンベンション計画など箱ものづくり優先で、県民の福祉暮らしが後回しになっています。酒井県議を再び県議会に送り出そう。

e0258484_15443827.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2014-11-05 15:46 | 集会 | Comments(0)
e0258484_18453878.jpg前橋に「平和資料館」設立をめざす会(岩根承成代表)は8月6日~10日まで三河町の旧大竹酒造レンガ蔵で、前橋空襲69周年企画展を開いています。毎日10時~17時

展示は前橋空襲などのパネルや地域の戦争と平和に関する資料。地域の9条の会の展示など。

体験者の話は日替わりで、12人の方が6日~9日の午後2時から4時まで行います。

記念講演は8月10日午後1時30分~3時30分まで
       「終戦10日前の前橋空襲を考える」と題して岩根承成氏(元群馬大学講師)

7日は、群馬県原爆被災者の会会長の須藤叔彦さん、五十嵐公一さん、鈴木幸子さんが体験を話しました。

須藤さんは当時旧制中学の4年生で16歳。長崎の軍需工場に動員されていた。
8月9日の朝、母の顔を見るのが最後になるとも思わず軍需工場に向かった。
毎日のように警戒警報や空襲警報が鳴り響き、作業を中止して防空壕へ避難するの繰り返しだった。
友達に今何時と聞かれ、「11時3分」と答えた。その直後窓からものすごい光に照らされ、工場が崩れ、真っ暗に・・・このまま死ぬんだと思った。母の顔が脳裏に浮かび心の中でさよならと告げ、気を失った。
新型爆弾と聞かされていたが、原爆の熱と放射能で長崎で約7万人が死亡、重軽傷者と合わせ14万8793人もの人が犠牲になった。
1981年に嶺公園内に原爆慰霊碑を作り、慰霊を続けてきたが、県内の被ばく者も約140人、被ばくを語り継ぐ人も高齢化で大変になってきている。こういう機会を得て、体の許す限り語り継いでいきたいと、須藤さん。

五十嵐公一さんは前橋空襲当時小学5年生。前橋市内から郊外へ疎開していたが、傷痍軍人だった父が、我が家へ帰って風呂にみんなで入ろうと言って、5日は自宅に一家6人が帰った。床に就いて間もなく、警戒警報が発令。父がすぐ逃げようと言って、赤城県道を北へ逃げる。すぐ逃げたのが功を奏して、白川まで来て振り返ると町中火の海。焼夷弾が真昼のように明るかったのを記憶している。
今だに、サイレンの音聞くと、耳をつんざく爆音の音を思い出し、おかしくなることがある。
人は何かと忘れてしまうし、若い人は経験していないからわからない、こういう機会を与えていただきもっと体験を話していきたい。

鈴木幸子さんは、繭検定所に動員され、自転車でバラス道を通う途中空襲警報が途中で鳴り、防空壕に逃げ込んだことを覚えている。勤労奉仕ばかりで、勉強もさせてくれと要求したらかなえてくれた。
桂萱村だったので、空襲の被害は直接受けなかったが、町中は焼夷弾がたくさん落ちていて、防空壕に逃げた。暑くて、のどが渇き、濡らした布を吸った記憶がある。

e0258484_1844188.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2014-08-07 18:46 | 集会 | Comments(0)
集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回させよう!

7月21日、憲法改悪反対群馬県共同センター主催による「ストップ!戦争する国づくり」学習の集いが、前橋市総合福祉会館で開催されました。

 日本共産党の仁比聡平参議院議員が、この間の国会での共産党の奮闘と今後のたたかいについて講演しました。
 仁比参院議員は「昨年12月6日に特定秘密保護法案が強行採決されました。数万人の人々が国会を包囲する中、本会議場で断固反対の討論を行ったのは、私一人でした。私は憤りのあまり血管が切れそうだ、というのを身をもって体験しました。昨年夏の参院選挙で党の躍進に期待を寄せてくれた人たちの付託を裏切るわけにはいかないと頑張りました」と強行採決で混乱した国会の緊迫した状況を語りました。

 弁護士会、ペンクラブ、映画人、文化人などが声明を発表するなど、この時、世論は反対の大きなうねりが湧き起こり、野党7党首がそろって街頭にも立ちました。
 ところが、採決では維新、みんな、民主が退席するなど、これほどの重大な国民世論が噴出しているときに議員が採決に加わらず退席するなどとんでもありません。

 国民の声を聞かない政府、貧困に目を向けない政治に、国民の怒りはますます強くなっています。
 仁比氏は続けて「このたたかいは、自分たち自身が主人公という憲法を守るたたかいで、絶対にバラバラにされてはならない。草の根の国民の闘いが、成否を決める。太平洋戦争で多くの犠牲者を出し、痛苦の反省の上に9条を勝ち取り、ささえ、守り、生かしてきた。共産党議員としての責任を感じている。自共対決の行方がこの国の未来を決める。自公政権が議席では多数でも、国民の運動の力で国民の中では少数派と思い知らせよう」と熱く語りました。
 
さらに、集団的自衛権の行使容認、武器輸出3原則の撤廃、オスプレイの配備などの問題点を指摘。
 最後に「全国の地方選挙や来年4月のいっせい地方選挙で、安倍政権ノーの国民の審判を下して行こう」と訴えました。

e0258484_20431215.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2014-07-23 20:43 | 集会 | Comments(0)

学校給食費の無料化を!

憲法を暮らしに生かし、義務教育は無償に!

6月8日、「学校給食費の無料化をめざす会」の結成総会とパネルディスカッションが市内で開かれました。
 総会では、この間の経過報告がされ、会則、予算、活動方針が確認されました。
 第2部のパネルディスカッションでは、4人のパネラーが発言。元自治体問題研究所の竹下さんは、「朝ごはんが食卓にない」家庭が多くなっている。年収が低い家庭は値段の安い高脂肪、高カロリー食品を摂取し、貧困が肥満を招いている。親の経済状態に左右されず、社会全体で子どもを育てること。憲法を暮らしに生かし義務教育は無償に。と述べる。
 
反貧困ネットの仲道さんは、住宅ローンや教育ローンをかかえ、共働き、ダブルワークなど、家庭の貧困
が見えにくくなっている。

子どもたちが家に帰って「今日の給食はおいしかったよ」と食が話題になることが大切で、食文化と豊かな食生活へとつなげていくことが求められている。

教育は未来に対する投資 
 
 兵庫県相生市は「子育て応援都市宣言」で2011年から給食費無料化へ。給食費にかかる1億3000万円は市予算の1%。高崎市はセンター方式でなくそれぞれの学校で給食を作る自校方式。教育にかかる総予算は10%を超える。お金はかかっても豊かな食事は豊かな心・人格形成へ。教育は未来に対する投資だと。

県内自治体無料化実施増える
 
 群馬県内では、南牧村、上野村、神流町がすでに無料化へ。富岡市、安中市が市長選挙で公約掲げ、富岡市は10月から実施予定。
 給食経費の負担は、学校設置者と保護者が分担すると定めているが、これは両者の協力で学校給食が円滑に実施され、健全な発達を期待するというもので、設置者が給食費の一部を補助することを禁止するものではない。無料化実施自治体が増えていることからも実証されています。

子どもは未来の担い手社会全体で育てよう 
 

「学校給食の無料化をめざす会」では署名に取り組みます。皆さんの協力をぜひお願いします。

e0258484_22321566.jpg

[PR]
by hisako-koba | 2014-06-10 22:32 | 集会 | Comments(0)

憲法を守り生かそう

 戦争する国づくりにノーの声を!

憲法記念日の5月3日、憲法を守り生かそうと全国各地で集会やデモが取り組まれました。
 高崎では第30回憲法記念日集会が群馬音楽センターで開かれ、約千九百人が参加しました。
 記念公演は、自衛隊のイラク派兵違憲判決を勝ち取った弁護団事務局長の川口創弁護士が『戦争する国作りを止め憲法9条をいかす」と題して講演。

 川口氏は「安倍政権は、憲法9条が禁止している集団的自衛権を『解釈改憲』でみとめようとしている。憲法改正手続きを経ずに集団的自衛権の行使を認めれば、憲法9条は意味のない規定になるばかりか、『権力を憲法で縛る』立憲主義そのものが否定されてしまうことになる。」と指摘。「集団的自衛権の行使を容認したら、時の政権の判断で範囲は無制限に広がりかねない。私たちは平和憲法の危機だけでなく、立憲主義の危機に直面している。今多くの市民が連帯し立ち上がり、安倍政権の憲法破壊を食い止めよう」と述べました。

 講演に続き、講談師の神田香織さんがチェルノブイリ原発事故で被ばくし命を落とした消防士と、その妻の介護の物語「チェルノブイリの祈りー未来の物語」を感動的に語りました。

 参加した小林久子議員は「集団的自衛権の行使を容認することは、海外での武力行使を禁じた憲法の『歯止め』を外してしまうことになります。アメリカと一緒に戦争する国にしていいのかが問われています。日本は今まで戦争でひとりも殺し殺されるということはなかった。憲法9条がありながら、これを飛び越え戦争への道を許すわけにはいきません。断固ノーの声を強めましょう」と今後の運動の重要性についての感想を述べています。
[PR]
by hisako-koba | 2014-05-09 16:18 | 集会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba