こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

給食費の無料化が全国に広がっています。
群馬県内では完全無料化が2市3町3村の8自治体に拡大、一部無料化に11自治体が取り組むなど確実に広がっています。
前橋市の小中学校同時通学の第3子以降のみ無料化は、今や県内の実施自治体から遅れをとっています。

完全無料化(8自治体)
既に実施=南牧村、上野村、神流町、嬬恋村
17年4月より=みどり市、渋川市、板倉町、
          草津町(第3子以降に1/2補助から完全無料化に)

一部無料化
玉村町(1/4補助17年4月より)
高山村(2/10補助実施中)
大泉町(1/10補助実施中)
安中市(第3子以降・中3実施中、17年4月より中2も拡大)
第2子以降=片品村(実施中)
太田市(第3子以降を第2子に1/2補助17年4月より拡大)
第3子以降=桐生市(実施中 後で補助金振り込む)
榛東村(実施中 小中高校に同時に3人以上在籍)
富岡市(実施中 上が18才未満で3人目以上が小中学校に同時在籍)
前橋市(実施中 小中学校に3人以上同時在籍の3人目から)
[PR]
by hisako-koba | 2017-03-30 18:03 | 活動報告 | Comments(0)
3月22日大胡幼稚園と大胡東幼稚園の修了証書授与式が行われました。
そして翌23日は両園の閉園式が執り行われました。
 e0258484_21445163.jpg
大胡幼稚園は、61回目の最後の卒園児14人を送り出しました。
昭和31年度第1回の終了式より7,320人が大胡幼稚園を卒園しました。
私も、そして私のこども達も、大胡幼稚園で楽しい思い出をたくさん作ることができました。
大胡幼稚園の歌がもう聞くことができないと思うと、とてもさみしいです。




 「たのしい幼稚園」
   作詞 鹿田 益子
   作曲 北爪 幸作
1、さくらのお花に チューリップ  ジャングルジムに ぶらんこも
  よい子のくるのを まってます  さあさ みんなで 元気よく
  ばらのご門を くぐりましょう
2、わたしはカスタ ぼくは鈴  みんな仲よく うたうたい
  タンタンタンと 床ふめば  お庭でつばめに あげはさん
  おねむり蛙も のぞきます
3、先生はやく かきたいな  わたしは すてきな お姫さま
  お花のごてんに 虹の橋  ぼくは粘土の ロケットだ
  月のお国へ ピュンピュンピュン
4、城山のぼりに 汗かいて みどりの芝生に 寝ころべば
  お空は 大きな 青い海  白い雲の 船にのり
  遠いお国へ 行きたいな
e0258484_2147531.jpg


4月からは2園が一緒になり「おおご幼稚園」として出発です。
[PR]
by hisako-koba | 2017-03-28 21:50 | 雑感 | Comments(0)
東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から6回目の反原発を訴える集会が高崎城址公園で開催され、1500人が参加。

アトラクションでは和太鼓や子どもたちの歌と、音楽。昨年の参院選野党統一候補でたたかった堀越けいにん氏も登場。
e0258484_22275343.jpg

集会では、希望の牧場・ふくしまの代表、吉沢正巳さん、福島農民連会長・生業裁判原告の根本敬さん、再稼働させない柏崎刈羽の会の持田繁義さんから、被災地で生きる苦しみとたたかう決意や再稼働を許さない運動の呼びかけ決意が報告されました。

群馬でも17日原発避難者集団訴訟裁判の判決が前橋地裁で日本で初めて出されます。前橋市へ避難した丹治杉江さんが裁判の支援・傍聴を訴えました。

 福島では「年間20㍉シーベルトの管理区域に帰れ」と一方的な避難指示解除の方針を押し付け、自主避難者等への支援を打ち切ろうとしている。

 安倍政権は原発再稼働、原発輸出を進めるために原発事故を「終わったこと」にし、福島を切り捨てようとしている。こんな政治は許せない! 
[PR]
by hisako-koba | 2017-03-13 22:29 | 原発 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba