こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

天川大島町でつどい開催

e0258484_23465391.jpg
高齢者のくらしを応援して

 12月16日、天川大島町の笠原前市議宅で、つどいを開催。小林ひさ子市議が前橋市政について、酒井宏明県議が安倍政権の暴走政治と対決する日本共産党の果たす役割について語りました。

 小林ひさ子市議は、前橋市の介護・高齢者施策について「介護保険のサービスがどんどん削減され、前橋市は来年から、要支援の人のサービスを介護保険から外し前橋市が行うサービスに移行する。特養ホーム待機者も千人をこえて、介護難民をますます増大させている」と、特養ホームの増設や高齢者の見守り、緊急通報装置や給食サービスの充実に頑張ると述べました。

 参加者からは市が行う、新総合事業について質問が出され、また「給食サービスを受けられるようにして」「具合が悪くなった時に緊急通報装置も制限を付けずに設置できるようにしてほしい」との要望が出されました。
[PR]
# by hisako-koba | 2016-12-19 23:55 | 市政 | Comments(0)
登録者12,776人に(H28.5.31時点)

 市はマイタクの利用実態調査を実施(各地区ごとに抽出した2500人を対象)

●マイタクを利用した人1729人。利用しなかった人771人。

●登録者数は本庁管内が4158人。南橘1509人。東1263人。
        少ないのは清里66人。宮城94人。粕川119人など。
●利用者のうち、ひとり暮らしが36.5%
●自由に使える車が無い人は、69.5%
●外出時に送迎が無い人が35.2%
●休まずに歩ける距離100m未満の人が25%
●バス停まで300m以上の人が55.5%
●最寄りの鉄道駅までの距離が1㎞以上の人が65.6%など。
●利用しなかった人の半数が家族や知人の送迎で用事が足りた。

 利用目的は病院、買い物が8割。相乗りしたこと無い人が半数以上。利用時間をもっと伸ばしてほしい。制度がわかりやすいは半数にとどまる。郊外に住む人は料金が高くて利用しにくい。

市議団は街中でも郊外でも市内どこに住んでいても、低額の市内一律の乗車料金に改善することを求めています。
[PR]
# by hisako-koba | 2016-12-05 21:43 | 市政 | Comments(0)
 署名運動が大きな力に

 「学校給食費の無料化をめざす会」が行っている、署名は、一昨年1万8614人、昨年9910人となり、大澤群馬県知事に届け、懇談を続けています。

 群馬県内の市町村では、小中学校児童生徒の給食費全額免除が、南牧村、上野村、神流町、嬬恋村で実施され、みどり市が来年4月から実施します。また、前橋市も含め8市町村が一部補助を行っています。

 前橋市は2012.9から小中学校に3人以上が在籍している場合の第3子以降の給食費を無料にしていますが、昨年度は813人にとどまっています。

 太田市は来年4月から小・中学校の児童生徒2人以上在籍している場合の第2子以降の給食費を補助します。
 前橋市でもぜひ給食費無料化を前進させましょう。

e0258484_1956099.jpg

[PR]
# by hisako-koba | 2016-11-29 19:58 | 要請行動 | Comments(0)

 ある通所介護施設の施設長さんに話を聞きました。

「地域の高齢者のお世話をしようと頑張っているのに、介護保険制度をどんどん悪くし、介護報酬も引き下げられ、職員も正規が雇用できない。

いろいろ煩雑な書類が求められ、介護事業所の閉鎖も相次いでいる。頑張る気持ちを萎えさせる。

介護保険の改悪に反対し頑張ってほしい」と訴え。一緒にがんばりましょう!
[PR]
# by hisako-koba | 2016-11-28 22:12 | 地域 | Comments(0)
稲田防衛大臣は南スーダンに派兵する自衛隊に「駆けつけ警護」などの新任務を命令。

20日第一陣の派遣隊が青森空港から出発。出発する隊員を見送る家族の皆さんの気持ちを思うと言葉になりません。

息子を見送る女性は「息子の命の危険を感じて本当に不安です」と涙ながらに語ります。

戦時中、子を見送る母の思いに重なり、戦争はしないと誓った平和憲法を持つ国でこのような光景が現実となるとは。絶対許せない
[PR]
# by hisako-koba | 2016-11-28 22:07 | 国政 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba