こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

街頭宣伝の自由を守ろう!(街頭宣伝の自由を守る群馬の会)

「街頭宣伝の自由を守る群馬の会」が、歩道上で行うハンドマイク宣伝やチラシ配布に警察が規制や妨害を加えるという事件が7月以降起こっています。

1回目は7月19日の朝、県庁前で、「公務員の給与削減に反対し、すべての労働者の賃上げを」と、交差点に分かれてチラシを配り、ハンドマイクで訴えを行っていた労働組合の街頭宣伝に、突然警察が現れ。規制・妨害をしてきました。

2回目は、8月22日朝、「街頭宣伝の自由を守ろう」と県庁前でチラシ配布、ハンドマイクの訴えをおこなっていたところ、12人の制服、私服の警官が宣伝行動に介入し、宣伝していた人たちを取り囲みビデオカメラやカメラで現場を撮影、威圧しました。

警察は、ハンドマイクやチラシ配布などの宣伝は許可が必要だとしています。しかし、警察が根拠とする道路交通法で、公道上の市民の活動で許可が必要とされるのは、あくまで、「一般交通に著しい影響をおよぼす行為」に限られています。
 
だからこそ、今回のような街頭宣伝には、長年警察も規制はしてこなかったのです。また、裁判でも「通常の方法で行うビラ配布行為は許可を必要としない」との判決が確定しています。

今「原発なくせの運動」など、多くの市民が街頭で訴え、チラシを配り、アピールする運動に立ち上がっています。今回の事件は、こうした市民の運動を抑えようとする動きにつながるものです。
憲法改悪や秘密保護法制定などの動きとも連動するものです。

街頭での宣伝は「言論、表現の自由」として憲法21条が国民に保障する大切な基本的人権の一つです。
警察の街頭宣への不当な規制・妨害を許さず、私たち市民が自由にものを言える社会にしていきましょう。

e0258484_1538751.jpg

9月27日朝もハンドマイク宣伝中、警察10人程が来て、押し問答になりました。
[PR]
by hisako-koba | 2013-09-27 15:52 | 活動報告 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba