こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

共同墓地など新たな墓地形態の設置を

 
 墓地を購入したいが、子供がなく承継する人がいない、どうしたらいいかという相談を 最近受けました。核家族や少子化で、墓地をめぐる問題は多くなると思われます。

 平成24年度は、嶺公園移転墓地に131基造成分譲していますが、墓地の購入は遺骨があるのが条件となっています。 また、返還墓地の特別分譲も23年度に続き、24年度も行ってきました。
 特別分譲では65歳以上で遺骨の無い人も対象とし、 嶺公園は71基、亀泉霊園は19基を分譲。これに対し申し込みは嶺公園93件 亀泉霊園171件

 管理料が滞っているケースや墓地の返還もでています。先祖の墓を子孫が守っていくということもむずかしい時代になってきています。
 現在は嶺公園移転墓地で年間管理料2830~4720円代の管理料が必要です。これをたとえば20年間払い続ける、あるいは前納し、その後は共同墓地に埋葬する。あるいは、都立小平霊園の樹林墓地のように、最初から共同で埋葬する方式もあります。

 現在の個人向けの分譲とは別に、共同墓地などの墓地形態の設置について質問しました。
代々墓を永代使用という方式のほかに「共同樹林墓地」のような墓地形態も調査・検討を行っていきたいと当局は答えました。
[PR]
by hisako-koba | 2013-10-09 20:42 | 議会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba