こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

消防団員の増員を

 現在消防団は1団、6方面団、20分団、59部で条例定数1320人、県内最大規模の消防団組織。しかし充足率は86.6%で、消防団員の確保策が急がれています。市は消防団員の出動手当の支給を平成22年4月より開始し、団員の指揮向上のために今回手当の引きあげをはかり災害出動1500から2500円、警戒・訓練出動1000円から1500円へ引き上げました。

全国的にも消防団員の減少が問題になっています。消防庁調べて゛全国の団員総数は87978人で昭和40年と比べ66% に落ち込み、サラリーマン比率は71%。さらに20代の若い団員構成率は17.6%となっています。自分の仕事を持ちながら、消防団員として、災害時非常備消防機関として出動する特別職の地方公務員であります。消防団活動のへの理解を図ることと、常備消防と消防団のそれぞれの役割を明確にすることが必要となっていると思います。

全国的にも消防団員の減少が問題になっています。約7割がサラリーマンで、女性が現在10人。市は機能別消防団員として消防団OBの方にも協力を依頼しています。
 
本市では、消防団員の確保のために、昨年「団員の確保検討委員会」を立ち上げました。

改善点として、①消防団員として活動をする上でのメリットや家族の理解を得る取り組みを行う②大学生の団員を獲得するために加入推進を図る③事業所への協力依頼④自治会行事や会議の席で消防団の活動の紹介と募集依頼。

3月16日に行われた消防団第6方面団の防火訓練では、女性消防団員が男性と一緒に訓練を行っていました。

e0258484_19111549.jpg
[PR]
by hisako-koba | 2014-03-24 19:13 | 議会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba