こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

全国で広がる比例は日本共産党…群馬でも

「市民との約束守ってくれた」
 だから比例は共産党・・・大川久美子さん


群馬選挙区(改選1)在住の大川久美子さん(48)は、4月に野党統一候補を誕生させ、候補者擁立のため「市民との約束を守り、そして真摯(しんし)な対応をしてくれた共産党に敬意を示したいから『比例は共産党』と話します。
e0258484_1957794.jpg


 群馬選挙区の堀越けいにん候補の擁立で中心的な役割を果たした市民団体「ぐんま市民連合へいわの風」は、県内で活動する市民団体代表らが呼びかけ人になり3月に発足。呼びかけ人の一人でもある大川さんは、「統一候補の擁立が実現できたのは夢のよう。でもここからがスタートだから」と気を引き締めます。対立候補は6選を目指す、中曽根康弘元首相の息子の弘文参院議員です。
 「共闘協定」には、共産党、民進党、社民党ととともに「へいわの風」も調印にのぞみ、安保関連法(戦争法)廃止や安倍政権の打倒をはじめ、格差社会や不公平税制の是正、原発に依存しない社会を目指すことなど6項目を盛り込みました。

 昨年秋に安倍政権が安保関連法(戦争法)を強行し、立憲主義を踏みにじるなか、群馬でも統一候補を擁立できればと考えるようになったという大川さん。この春から「赤旗」日刊紙の購読も始め、こう評します。
 「全国の野党共闘の動きをこれだけつぶさに伝えてくれるのは『赤旗』だけ。野党共闘を目指し、がんばる全国の市民の仲間も励まされているのでは。丁寧な口調も他紙にない特徴で、市民の視点を大切にしている共産党の立ち位置がよく表れているなと感じます」

 大川さんは「有権者一人ひとりが『民主主義ってなんだ』という問いを持ち続けなければいけないと思う。わたしは市民の力を、民主主義を信じています」「共産党さんの頑張りにこたえるためにも、私も約束通り、選挙区は堀越候補、比例は共産党に投票すると決めています」と語ります。
【しんぶん赤旗5月21日付けより引用】
[PR]
by hisako-koba | 2016-05-30 19:58 | 選挙 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba