こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

沖縄米兵犯罪の根絶は基地の撤去しかない!

沖縄県でまた基地あるがゆえの悲劇が。
うるま市の20歳の女性が行方不明になり、米空軍嘉手納基地の軍属の元米海兵隊員が逮捕されました。

若い女性の希望ある未来と命を無残にも奪った残虐な事件に憤りを押えることができません。 
県民は、米軍人・軍属などによる凶行の犠牲になる危険と常に隣り合わせの生活で、1972年の復帰から2015年末まで米軍関係者による犯罪の検挙は5896件。このうち殺人、性的暴行、強盗、放火などの「凶悪犯」は574件と1割近くにもなります。

 安倍首相は「沖縄の基地負担軽減」を繰り返しますが、沖縄の基地の過重負担の実態は何も変わっていない。米軍基地がある限り、今後も犠牲者が出る恐れは避けられない。

 基地撤去こそ米軍犯罪根絶の「唯一の解決策」。日米両政府が「唯一の解決策」などといって沖縄に新基地建設を進めることは絶対に許せません。

沖縄県議会は26日の臨時議会で、事件に抗議するとともに、「在沖縄米海兵隊の撤退」を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。(県政野党の自民などは退席)
 
日米首脳会談でオバマ大統領から謝罪の言葉もなく、安倍首相は「辺野古が唯一の解決策」を繰り返すのみで、日米同盟を美化し、固執しています。
沖縄県の翁長雄志知事が首相に直接要請したオバマ氏への面会と日米地位協定の抜本改定に言及しませんでした。

基地のない沖縄の願いを、6月5日投票の沖縄県議選で日本共産党へ。 
[PR]
by hisako-koba | 2016-05-30 20:32 | 国政 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba