こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

単身高齢者が入れる市営住宅へ

e0258484_19140853.jpg
            外付けのエレベーター3基が設置された元総社第一団地

高齢等単身者の入居面積基準の緩和へ

  
市営住宅の空き戸数が増加し、約1000戸を超えています。
郊外の空家率が高く、便利な市街地での高齢者の入居待ちが増えています。
市は、市営住宅に高齢者が単身で入居できる住宅面積基準を「55.5㎡以下」から「61.5㎡以下」に拡大し、新たに1,239戸を対象にします。(現在入居中を含め)
 4月1日現在で、単身者で入居待ちの人は67人いますが、入居基準を緩和したことで入居をすぐ斡旋できる住宅が約130戸になります。しかし、この中には、エレベーターが設置されていない3階、4階なども含まれています。
 これまで、共産党市議団は管理戸数の約2割も市営住宅が空いているのだから、高齢者が入れる面積基準の拡大を求めるとともに、高齢者だけでなく、若年単身者も入居対象にするように求めてきました。

エレベーターの設置急げ
 
 今回対象が拡大されたことで、高齢単身者が入居しやすくなればいいことですが、エレベーターの設置が、5階建の77棟のうちまだ23棟しか設置されておらず、設置計画を早める必要があります。


[PR]
by hisako-koba | 2018-04-24 19:20 | 議会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba