こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

原発被害者への損害賠償裁判を支援する群馬の会が発足

全国で争われている原発事故被害者の損害賠償を求める集団訴訟で、初めて「国と東電の責任」を認めた判決が昨年3月、前橋地裁で出されました。

 原発事故は「天災でなく人災」とした判決は、全国30か所でたたかう被災者を大きく励ましました。
しかし、損害賠償金額は、被災者の生活再建にはほど遠く、原告、被告双方が控訴し、今年3月8日、東京高裁の第1回口頭弁論には、群馬や全国から支援者が駆けつけ傍聴の抽選が行われ、98の傍聴席をいっぱいにしました。

 今後、国の責任を明らかにし被災者救済を求める裁判に勝利するために、傍聴支援や宣伝費用のカンパなど大きな支援の輪が必要です。原告・弁護団を支え励ます「原賠裁判を支援する・群馬の会」が5月26日発足しました。
当日 呼びかけ人の藤井正希群馬大学准教授や群馬弁護団長の鈴木克昌弁護士、原告団の丹治さん、同じ裁判をたたかう千葉の原告団などが発言・報告しました。

 次回第2回口頭弁論は6月19日(火)東京高等裁判所で11時開廷です。前橋からバスが出ます。ぜひご参加を。申し込み・問い合わせは、080-3203-4680(大川)へ


[PR]
by hisako-koba | 2018-05-27 18:32 | 原発 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba