こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

日赤病院跡地「生涯活躍のまち」移住者を呼び込めるのか

日赤病院跡地のCCRC(生涯活躍のまちづくり)事業は、民間事業者が行う開発に莫大な公費をつぎ込むもので問題です。
 大和ハウス工業の提案は、市がこれまで提案してきた「東京圏からの移住者と地域住民との交流の機会を作り、生きがいを持って生涯にわたり活躍できる拠点にする」という事業目的とは、かけ離れています。
 移住者を受け入れる住宅は、1LDKや2LDKの賃貸住宅25戸だけです。有料老人ホームや特養への入居では、職業経験を生かし文化スポーツなど様々な分野で市民と交流できる元気な高齢者や中高年の移住を受け入れることにはなりません。

 国の地方創生に貢献するCCRC事業といいながら、結局、日赤が行うべき跡地の利活用や売却、病院の建物の取り壊しなどを、前橋市が肩代わりすることになるのではないでしょうか。
 今年度の予算で、建物の解体費用として、9億2640万円が計上され、その半分の4億6600万円を市が負担することになります。日本赤十字群馬支部長は大沢県知事なのに県の負担がないのです。3.8haの敷地のうち、前橋市の所有はわずか0.8haです。市の財政負担はあまりにも過大です。

 計画では、25戸の賃貸住宅、有料老人ホーム、特別養護老人ホームに加え、大型商業施設やフィットネス施設を併設し、前橋市の夜間急病診療所や福祉作業所も敷地内へ移転します。

 跡地に診療所機能を残してほしい

 「長年地域に根付いてきた日赤病院の跡地に、少なくとも診療所機能を残してほしい」という地元の要望に市は全力で答えるべきです。
 市は提案に対し、25戸の賃貸住宅をもっと増やすことや、診療所機能を求めていますが、結論はまだ出ていません。
[PR]
by hisako-koba | 2018-06-28 18:59 | 議会 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba