人気ブログランキング |

こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

自治会に関する問題で市に申し入れ(2019.5.13)

自治会費を使った慰安旅行

東京新聞の2019426日付の記事で、市内のある地区自治会連合会が自治会費161万円などを使って、12人の自治会長と公民館の担当職員2人が参加し、201611月に23日の慰安旅行を行っていた。
 市民には旅行の内容や決算を行っておらず、事実を知った市民から「時代遅れはなはだしい」などの批判の声が上がっているという報道がされました。

513日に市議団はこの問題で、市に申し入れを行い、
●報道がどこの自治会連合会なのか。
●自治会の慰安旅行に職員が随行することは問題がなかったのか
●このような慰安旅行を当該自治会連合会は30年来実施してきたというが、このように多額の自治会費を使ってきたのか
●市内の他の自治会連合会も同様のことが行われているのか。
これらの調査を行い改善すべき問題点が明らかになったときは速やかに指導・助言を行うこと。などを求めました。

市民部長はこれまで連合会に資料の提示を求めたことはなく、あくまで自治組織として自主的運営にゆだねてきた。と述べましたが、党市議団は「市の一括交付金や市民の自治会費からも出ているものであり、速やかに事実関係を調査し議会に報告する」よう求めました。

自衛隊の装甲車などの展示

 今、自衛隊を憲法9条に加え、日本を戦争できる国に変えようという安倍改憲を許すのかどうかが大きな問題になっています。
 安倍政権は、自衛隊員募集のため青年の名簿提出を求め地方自治体に圧力をかけたり、自衛隊を市民のイベントの場などに駆り出そうとしています。
 前橋でも、上川渕ののびゆく子どもの集いに自衛隊の展示をしたり、子どもの日にケヤキウォークに装甲車が展示され、子供たちが乗ったり、写真を撮ったりしています。
 自衛隊は災害救助活動を担う面とともに、兵器を使用し武力訓練を主体の任務としています。自衛隊の市内行事などへの参加は認めないように関係団体に指導すべきです。


by hisako-koba | 2019-06-19 19:42 | 市政

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba