人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

敬老祝い金80歳支給を廃止。共産党は現行どおり支給すべきとの立場から反対

3月議会で、新年度から80歳と88歳を敬老祝い金の対象から外し、100歳のみ支給するという市長の提案は、教育福祉常任委員会で否決されました。

前橋令明などが議員提案による修正案を提出。しかし、80歳は削減し88歳を残すという内容でしたが、賛成多数で可決されました。

日本共産党市議団は今までどおり80歳と88歳も除外せず支給すべきとの立場から、原案にも修正案にも反対し、質疑と討論を行いました。

本市の敬老祝い金の対象は80歳が3192人、88歳は1927人、100122(昨年9月時点)で予算額は約5800万円です。

日本は平均寿命が、世界でもトップクラスで喜ぶべきことです。しかし、少ない年金、医療・介護、老後の生活費などの不安が長生きすることに不安を感じ、すなおに長寿を喜べない社会になっています。高齢者が安心して暮らせる社会をつくることは政治の責任です。

このような中で、前橋市の新年度の高齢者施策は敬老祝い金だけでなく、老人センターの巡回バスの運行日数を減らし、高齢者介護慰労金の対象者の絞り込み、運転免許自主返納者へのバスカードなどの贈呈を廃止しました。

一方、「新道の駅」建設や前橋駅北口27階建て高層ビル、千代田町中心市街地再開発などの大型事業に今年度35億円もつぎ込んでいます。

「せっかく楽しみにしていたのに、がっかりだ」と市民の行政への不満の声が上がっています。 

大型開発優先で、そのしわ寄せを福祉施策や高齢者への行政サービス削減に転嫁していることは問題です。



by hisako-koba | 2021-03-31 19:48 | 市政

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba