人気ブログランキング |

こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

消費税で対話

消費税で対話

 先日は、前橋市の公共事業の下請けで仕事をしていた、元業者から話を聞きました。「下請けはたたかれ、ひどい時は工事価格の三分の一の価格で請け負うこともあった。一日働いても利益が出ないときも。税金の期日にお金をかき集めてやっと持っていったが、1日遅れたと延滞金を請求され頭にきた。消費税は一度も請求したことはない」と悔しさをにじませ話してくれました。
 まじめに働く人が報われる政治に変えなくてはと強く感じました。

e0258484_16252139.jpg
 大胡ウインドミルフェスティバルが10月21日開催されました。
幼稚園の子どもたちもかわいいお遊戯を披露してくれました。
各団体の出し物や出店、いも煮やチューリップの球根の無料配布などが行なわれ、大勢の人でにぎわいました。
 私は太極拳で参加させていただきました。
by hisako-koba | 2012-10-26 16:35 | 行事

駆けあるき

駆けあるき

 今、共産党市議団は市民アンケートに取り組んでいます。みなさんの声をお聞かせください。

私も、外にでてみなさんの声をたくさんお聞きしようと、お邪魔させていただいています。先日話した方々は「消費税増税は庶民にばかり負担を押し付ける弱いものいじめだ。えらい人はいい思いばかりする、えこひいきの政治は止めてもらいたい」「雇用も非正規雇用や派遣ばかりで、若い人はかわいそう」「農家は、TPP反対。農薬付けの農産物など食べたくない」など、どこでも話がかみ合い、今の政治に対する怒りが本当に大きくなっていると感じました。

消費税、脱原発、TPP、オスプレイ、領土問題など責任ある対案を示す日本共産党を大きくして、政治を国民の手に取り戻そう!

e0258484_231974.jpg
by hisako-koba | 2012-10-24 22:57 | 活動報告

TPP参加は絶対反対

TPP参加は絶対反対

e0258484_2240657.jpg


 十月十日夜、群馬県保険医協会の役員有志の方たちと、懇談をしました。
 生方秀男一区予定候補、酒井県議、市議5人が参加。

 国民皆保険を崩すTPP 
柳川会長は「税と社会保障の一体改革」や「TPP参加」には絶対反対であると、述べました。
 医療器具や医療用具などの仕入れに消費税がかかっているが、保険の対象とならず、損税となっており、個人医院でも年間約150万円くらいの負担になる。TPP参加は国民皆保険が崩される。政府は「原則として守る」というが、なし崩しにされることは明らか。高額医療など混合診療も解禁される。株式会社の参入や医者の流入、流出の問題。薬価も高いものになる可能性がある。TPP参加反対を最重要課題として運動している。と報告がありました。 

 生方秀男予定候補が、共産党の政策・提言について説明しました。
 懇談では「内需を拡大するというが、具体的には」「医療は出来高払い制度、過剰診療が行なわれる問題がある。健康や予防指導などを評価する制度に変える必要がある」「歯医者は患者1人づつゴム手袋を変えて診療するが、すべて損税になる」「歯科の点数は下がり続けている」「医療廃棄物処理は院長が責任を負わされ、不法処理を業者が行なえば、院長の責任になる。業者の許認可権を持つ国が持つべき」「選挙制度の問題もあるがなぜ共産党は伸びないのか。女性のパート問題などをもっと取りくんだらどうか」などの質問が出され、生方候補は「マスコミの偏った報道は問題だが、自ら自力をつけるしかない。要求運動や党員・新聞赤旗を増やすなどに全力で取り組んでいます」と回答。 

懇談の場を持っていただき、医療の現場の声をお聞きし、消費税・TPPの問題点がより明らかになりました。
by hisako-koba | 2012-10-24 22:44 | 活動報告

グランドゴルフ大会

グランドゴルフ大会開かれる

10月10日グランドゴルフの大会が天川大島町原町公園で開かれ、お手伝いをさせていただきました。
快晴の青空の下、日頃の練習の成果を競い合いました。

さすがに皆さんお上手で、ホールインワン賞がたくさんでて、ハイレベルの戦いになりました。
スポーツはげんきの源です。私も負けていられないな。

e0258484_21372574.jpg













e0258484_2138968.jpg
by hisako-koba | 2012-10-12 21:41 | 行事
生活保護は最後のセイフティーネット

生活保護受給者が全国で、211万人(今年6月)をこえ、制度開始以来、至上最多を更新しています。
 長引く不況と非正規雇用・ワーキングプァの増大、高齢化、低年金などにより、生活保護が増えるのは必至です。 しかし、本来生活保護を受給すべき人の約2割しか受けていない。その数は推定800万人とも言われています。本市は平成24年4月時点で生活保護は2720世帯。3563人です。
 生活保護は「憲法25条の理念にもとづき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を 行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を 助長することを目的とする」と定めています。

自立への支援を 

 私は議会の教育福祉常任委員会で生活保護問題を取り上げ、「稼働年齢、特に若年世代は、就労支援は単に仕事に就ければ良しとするのでなく、将来の自立に向けた支援と位置づけるべき。機械的にハローワークへいけといって、仕事の紹介や、何社受けたか、面接の回数を記録するということになりがちですが、定職につくのはとても難しく、将来の自立のため、運転免許や資格取得、職業訓練、高校卒業資格取得などの支援が必要」と質しました。
 
生活保護水準をさらに引き下げへ  

厚生労働省は、受給抑制へたたき台を発表しましたが、ここに貫かれているのは、増える生活保護費をどう抑えるかです。親族への扶養義務を強化し保護申請を抑え、受給者に対しては「賃金が低くても、短時間でもまず働け」という方針で、保護からの追い出しを狙っています。
 若い人は「働けるだろう」と相談だけで申請を受け付けない「水際作戦」が強められています。また、生活保護バッシングにより、生活に困窮し生活保護を受けられるのに受けていない。こういう人たちがたくさんいることは明らかです。この問題にはまったく手をつけようとしないばかりか、ますます窓口を狭めようとしています。

申請権を奪わないで 

前橋市の受給世帯は、「高齢者世帯」4割、「病気・障害者世帯」を合わせて3割、稼働年齢を含む「その他世帯」は2割弱です。
 今年1月以降、札幌で40代の姉妹の死亡が報道されましたが、餓死や孤立死が各地で相次いでいます。本人が生活保護を申請したいという意思を尊重してほしい。申請権を奪うようなことは絶対にあってはならないと思います。
by hisako-koba | 2012-10-04 18:07 | 議会

スポーツの秋

スポーツの秋

9月の29日は市内小学校の運動会。30日は赤城山ヒルクライム大会が開かれました。

e0258484_1843149.jpg

例年だんだん運動会の日程が早くなっていたのですが、保護者などから、暑い中で熱中症が心配などの声が寄せられ、今年は9月の最期の日曜日になりました。

あいにく気温30度を超える暑い日になってしまいましたが、子どもたちはテントの下で、競技中も帽子のうえからハチマキをして、熱中症対策をしていました。

子どもたちの頑張る姿に、応援席からお父さんお母さんやじいちゃんばあちゃんの大きな声援が飛んでいました。


e0258484_18443063.jpg

第2回目となった、自転車で赤城山を登る赤城山ヒルクライム大会は、全国から2.625人が参加して、県前橋合同庁舎から赤城山総合観光案内所までの20.8キロ(標高差313メートル)でおこなわれました。

エントリーは群馬県が1400人あまりで、関東を中心に全国からありました。年齢は12歳からなんと78歳まで幅広い年齢層に驚きました。女性も137人がエントリーしていました。

みなバイクとロード用ウエアでキメテいて、エキスパートの部の人はいかにも鍛えていて早そう。中にはマイペースのひとも。お笑い芸人の方はママチャリで挑戦。動物のきぐるみを着て参戦する人も。

最短のタイムはなんと57分54秒。早い!

いよいよスポーツの秋。今年はロンドンオリンピックもあり、テレビでの応援に力が入りました。
自分でスポーツするより、もっぱら応援に徹してます。


e0258484_18453083.jpg
by hisako-koba | 2012-10-02 18:14 | 行事

日本共産党演説会

日本共産党演説会

日本共産党前橋地区委員会は、29日、紙智子参議院議員を迎えて、演説会を開きました。

紙議員は、尖閣諸島や竹島の領土編入の歴史的経緯からして日本固有の領土であるとし、さらに、「歴史的事実と道理に立ち、話し合いの場をもつなど、丁寧な外交努力が必要である」と強調しました。

生方秀男衆院群馬一区予定候補は「消費税増税や原発、オスプレイ配備などで、国民の運動がかつてなく広がっている。この期待に答えられるのは政党では日本共産党だけ。つながりを生かして共産党への支援をひろげていただきたい」と訴えました。

来年2月17日投票で行なわれる前橋市議会議員選挙をたたかう、中道浪子、長谷川薫。小林久子、近藤好枝の現職4人が決意表明し、笠原寅一議員が勇退のあいさつをしました。

参加者から紙さんの話が「とても分かりやすくて、ためになった」
市議団の果たしてきた役割がそれぞれの話でよく分かった」などと感想が寄せられました。

e0258484_19562238.jpg


私は、市の学校統廃合計画の撤回、公立幼稚園の統廃合をやめて、一人ひとりにゆきとどいた教育を行なう30人学級の実現とバス公共交通の充実に全力をつくすと決意を述べました。


e0258484_2042789.jpg
by hisako-koba | 2012-10-01 20:13 | 演説会

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba