人気ブログランキング |

こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前橋市議会第4回定例会が11月28日から12月17日まで開かれます。
総括質問は12月5日6日9日の3日間です。合計質問時間は874分(答弁を含む)

清新クラブ 322分  市民フォーラム 138分  共産党 92分  公明党 92分   新風クラブ 92分  心世紀  69分  光風クラブ 23分  市民の会  23分  飛躍の会 23分

実はこれが適用されるのは第2回と第4回定例会で、
第1回と第3回は、質問2日間。質問時間も合計624分となり、会派の質問時間も短くなります。

基準は1人あたり第1回と第3回は20分。第2回と第4回は23分。これを会派の構成人数で割り振ると前述のようになります。

平成22年5月に議会運営委員会で確認したものです。
質問方式も「1問1答方式」を取り入れました。「一括質問一括答弁方式」も選択できます。

答弁もふくめた時間なので、答弁時間の予測ができず、時間内に収めることが難しく、質問途中で時間切れということもしばしばあり、さらなる改革が必要と思います。 

e0258484_1941941.jpg

知人から烏瓜をいただきました。赤色が鮮やかで玄関に飾りました。
by hisako-koba | 2013-11-18 19:50 | 議会
日本共産党市議団の長谷川薫団長、中道浪子副団長、小林久子、近藤好枝の各市議と、日本共産党前橋地区委員会の生方秀夫地区委員長は、11月14日、2014年度予算要望書を山本龍市長に提出し懇談しました。

149項目の要望を提出

安倍政権は憲法9条改定、消費税増税、TPP交渉参加、社会保障改悪などの悪政を強めているが、これに無批判に追随せず自治体の責務を果たし、市民の命とくらしを守ってほしいと市長に求めました。

長谷川薫市議は「要支援者の介護保険外しや、年金削減、生活保護の扶助費削減に反対し、高齢者や低所得者の暮らしの不安を取り除くために、国や県に強く働きかけるべき」と述べ「特別養護老人ホームの増設で待機者の解消や、小規模多機能居宅介護施設は中学校区の設置を」と求めました。

近藤好枝市議は「合併4町村の都市計画の線引きを見送ったことを評価しつつ、TPPに参加すれぱ、市の農業は壊滅する。国に交渉からの撤退を求め、市独自の農業支援を充実すべき」と求めました。

市長は「TPPはむしろ農業より、医療・保険への影響が大きい。農業はTPPを前提に第6次産業を進める。米は9割がダメになるが、雪ほたかなどのブランド米は残る。養豚も平均的な農家ではダメで、麦豚、もち豚などの努力した農家が生き残る。」などと前橋の農業に対しての危機感のない認識を示しました。

中道浪子市議は「市内のショッピングモールに計画されている競輪の場外車券売り場は、青少年の健全育成に重大な悪影響を及ぼす。白紙撤回を」と要望。

市長は「民々のことで、前橋に開設するであれば、市が受けるしかない。」と容認する立場を示しました。

小林久子市議は「14.7haの優良農地を買収し、総事業費36億円もの市の総合運動公園(25.8ha)の拡張計画は縮小すべき」と求めました。

市長は「総合計画に位置づけられていることで、市民との約束だから変更できない」と大事業の推進の姿勢を示しました。

また、滞納者に厳しい収納行政が改善されておらず、市長に引き続き改善を強く求めました。
by hisako-koba | 2013-11-14 18:12 | 市政
11月9日・10日の両日、小屋原町のガーデン前橋に出店予定の競輪場外車券売り場の地元説明会が3個所で開かれました。(山王町2丁目・小屋原町・下大島町の各公民館)

 説明は中林競輪事務所長と出店予定の (株)NFCの藤田氏が行いました。
 藤田氏は営業は通年で午前10時~午後9時まで。一日のべ600人で600万円の売り上を見込む。すでに2400台の駐車場があり渋滞などはない。過去場外車券場が問題を起こしたことはなく、未成年の入場は警備員が対応するので心配ない。などと話しました。

 会場発言は、山王町2丁目では
●付近の住民への影響が心配、交通量調査の実施を●売り上げが落ちているというが、競輪の収支ははどうなっているのか●なぜ今場外を作るのか、目的を住民にはっきり示して●場外で過去問題はなかったというが、館林で暴力団の事件があった●駐車場は足りているというが、夕方はいっぱいで、共愛の学生などが通るが危ない●街中を活性化するというのなら郊外でなく街中に作ったらどうか

 小屋原町では
●近くに学校があり、すでに下校時、渋滞で危険な状態●商業施設で小さい子も利用するのに、なぜここなのか。設置反対●ガーデン前橋に入っているDステーション(パチンコ店)はパチンコ台が1100台あり、ヤマダ電機と駐車場のことでもめている●20才未満はガードマン配置して入場させないというが、いちいち確認するのか●わずかの出席者の意見を聞いて終わりか。地元の賛否は問わないのか●競輪事業といえ賭博であり、売上が落ちているなら、新たに場外作るのでなく、やめるべき

 下大島町では
●駐車場内や狭い周辺取り付け道路で事故が起きている。対策を●競馬は足利、宇都宮、高崎がなくなるなど、公営ギャンブルの市財政に寄与する機能が低下している●ギャンブルのお金を自治体はあてにすべきでない●ドームの有効活用・イベント利用を図ると競輪売上が減るので場外を求めたというが、場外で市へ入るお金は約4000万円。青少年の健全育成の上からも4000万円の利益より、市財政の節約を図るべき●ギャンブルにのめりこんで身を破滅した人を何人も見てきた。など反対の意見が多く出されました。

ガーデン前橋2階の1500㎡に220席、一日600人、開催日数360日、am10:00~pm9:00まで、自動発払機8窓、有人窓口1窓、1日600万円の売り上げを見込み年間21億6000万円の売り上げを試算しているが、市には地元対策費・業務代行協力費として、売上の2%程度約4000万円が入るだけです。

配当や管理経費を除いても株式会社NFC(藤田一郎代表取締役社長)は13%~15%の利益を得ることになります。一民間企業の利益のためにここまで市が便宜を図るのかと懸念の声も出ています。

   
by hisako-koba | 2013-11-13 20:59 | 市政
いわき市から前橋市にやむなく自主避難して、原発をなくす運動で活動している丹治さんよりDVD普及と被災地へのワンコインカンパのお願いです。

映像では、荒れ果てた被災地の情景、
原発事故当時に現在帰還困難区域の双葉・楢葉地域の医療現場で働いていて水素爆発を目撃した若い看護師や居住していた避難住民の生の声、現在のあまりにも理不尽で過酷な状況。
さらに、作業員出撃基地「Jビレッジ」の道路わきに立つ原発作業員を励ますポスターとそれを見て労働相談にくる作業員、東電福島復興本社での交渉、東電相手の損害賠償裁判の様子、
Jビレッジで梨を配布して作業員を励ます市民の取り組みなども取り上げられています。

e0258484_20563085.jpg
by hisako-koba | 2013-11-08 21:02 | 原発
11月5日、第21回大胡地区地域審議会が開かれました。

前橋市と旧大胡町、宮城村、粕川村が合併して来年12月で10年が経過します。
議題は新市建設計画の進捗状況の報告。

合併特例債の発行は、合併8年目の平成24年度末で311.6億円。
平成25年度は34.4億円。平成26年度は23.1億円を発行する見込みで、合併特例債発行上限額の369.2億円をすべて使い切る予定のようです。

合併10年後に先延ばしした、都市計画の市街化区域と市街化調整区域の線引きは行わないことが報告されました。

また、上毛電鉄の新駅設置については、減り続ける乗降客数に歯止めをかけることが取り組まれていて、現状では新駅の設置は難しいが、引き続き検証していくとのことです。

この間、利用者向上に向け、無料のパークアンドライド整備、自転車の乗車を可能にしたり、65歳以上の運転免許返上者の乗車賃を半額にするなど、また大胡駅舎の電飾ライトアップ、電車内の風物飾りなど行ってきました。設置を求める強い意見が出されました。

別の委員からも「子どもたちの遠足や社会科見学、児童公園などへの電車利用の促進を」などの発言も。

また、大胡城址の整備要望が出されました。大胡地区の貴重な遺跡として、整備し、憩の場として活用したいなどの意見が出されました。

市長をはじめ支所長、幹部職員も出席しており、率直な意見交換ができる場であり、活発な意見交換ができることが大切です。
by hisako-koba | 2013-11-06 21:44 | 活動報告

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba