人気ブログランキング |

こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「ガーデン前橋」への場外車券売場開設に反対する市民の会が反対の署名に取り組んでいます。

隣接する下大島町の、みずきの団地では「ギャンブル施設の開設は困る」と署名をしてくれたそうです。

「ローンを組んで家を購入しました。3人目の子どもが生まれたばかりです。ずっと住むので安心して子育てできる環境を守ってほしい。場外の開設には反対です。」

「ギャンブルで負けた人の運転は荒くなります。大型パチンコ店が出店して以来、深夜まで車が走り回り、周辺道路も安心して歩けません。場外の開設はやめてほしい」

「ギャンブルは家庭崩壊を招いたり、犯罪を誘発したりする迷惑施設。ギャンブル収入に依存する市政運営はやめてほしい。」

周辺は木瀬中や、共愛学園、同国際大学、専門学校などが集中する文教地区。
ガーデン前橋は家族連れや青少年などが買い物や食事など日常的に利用している。青少年の健全育成にも逆行するギャンブル施設の開設に市長は同意すべきでない。

市は場外を開設すれば駒形インターも近く新たなファンが期待できる、収入が増える。周辺道路は対策を講じる。駐車場はあいている。青少年の入場はガードマンが入り口でチェックできるので心配ない。などといいますが、甘い見通しで根拠はありません。

何よりも、場外車券場がショッピングセンターに入るというのは全国でもごく少数です。
全国でも公営ギャンブルは廃止・縮小の方向です。
雇用不安と所得減少で競輪の売り上げも減少に歯止めがかかりません。
こんな時に場外を増やして、庶民のふところをたよりに、売上を伸ばそうという市のギャンブル依存の姿勢こそ問題です。

みずきの団地を望む南側駐車場から
e0258484_2019405.png

by hisako-koba | 2013-12-13 20:25 | 活動報告

労務費の低下はサービス低下へ
  選定されたセントラルスポーツの収支計画を見ますと労務費の合計が6500万円で算出されています。現在の指定管理者は約8000万円余りで、1500万円も低くなっています。人件費を切り下げることは問題ではないのか。労働者の働く意欲は低下しないのか、サービスの低下はないのか心配されます。
 また、再委託する業務も清掃、警備、受付、設備等の保守点検など、ここも法令順守しているかどうかしっかり見ておくことが必要です。
市が募集要項に雇用継続について盛り込むべきではなかったか。
 雇用の継続は民々のことで口出しできないといいますが、セントラルスポーツは指定管理者制度の導入時、直営から移る粕川元気ランドの選定を受け、希望者は全員採用を前提とする。欠員が発生した場合の地元採用も書かれています。
 
公共サービスでワーキングプァを出していいのか
 
 民々の契約に対して官は介入できないという姿勢が、安上がりの公共サービスに従事する労働者の生活を破壊し官製ワーキングプアを大量に生み出しています。民間が追求する営利主義は公共性の喪失を招き、安心、安全、安定した公共サービスの提供を危うくさせることになります。指定管理者には公募でなく、公的団体を選定し管理経験の蓄積を図るべきです。

e0258484_17503480.jpg
by hisako-koba | 2013-12-12 17:52 | 議会

放課後学童保育の充実を

学童保育所は平成25年度は49か所、入所児童数はi2227人とクラブ数、児童数とも年々増加しています。しかし小学校3年生までを基本としており、高学年の受け入れは厳しく、増え続ける学童保育の要求に現状が追い付いていません。

保育料の減免と引き下げを
 
保育料は1~3年生が月15000円~8000円と差があります。多くの学童が1万円を超えており、全国平均の7371円と比べても保育料が高く、ほかに入所金2万円余りや保険料や延長保育料がかかります。
 小林久子は議員は「ひとり親家庭など経済的に厳しい家庭は負担が大変。保育料の減免は一部しか行っていないが、全学童保育所で行うべきです。また、近くの学童に通うしかなく学童施設を選ぶことができない以上、民間の高い保育料を下げて公設の地域運営委員会が行う8000円に統一すべき」と質問しました。
 年間平均283日、約1682時間もの長い時間を子どもたちは学童で過ごし、毎日の生活の場として利用しています。しかし、指導員の資格、配置基準、開設日、開設時間など統一されていません。小林議員は、市がきちんとした基準を作るよう求めました。

全小学校区に設置を 

学童保育所は48小学校に49設置されていますが、全学校区に設置となっていません。
 滝窪小と金丸分校は11人が大胡東小学童に通っています。昨年は65人にもなり施設も限界です。小林議員は「滝窪小に学童を設置するなど全小学校区に設置を」と求めました。
 当局は「国の子ども子育て関連3法の制定で、対象を小学校6年生までに拡大。今後運営基準や施設整備計画を策定し、全小学校区に学童を設置していきたい」と答弁。

 国は保育では母親の就労によって保育を短時間と長時間に振り分け公的保育を後退させようとしています。学童に預けたい人が全員入れるように制度の質・量の拡充が必要です。
by hisako-koba | 2013-12-12 17:38 | 議会
今年3月にTPPに参加した場合の本市農業への影響について再試算した。
本市農業への影響額は169億2千万円でこれは平成18年度市農業産出額387億3千万円の44%

本市の各品目ごとの影響割合はコメが59%、麦87%、生乳81%、牛肉68%、豚肉64%、も影響を受けます。

11月9日の前橋農業祭りでJA前橋の大沢組合長は「農産物の主要5品目も守れなければ断固反対し、TPPから撤退すべき」とあいさつし、本市農業を守る強い決意を示しました。

前橋市は「とんとんのまち」と、「ころとん」をキャラクターに売り出していますが、養豚業者も経営は厳しく、今でも1頭あたりのコストは32179円で、一方収益は30128円と赤字が続いています。
 
ある養豚農家は、飼料の高騰と価格の低迷で経営を維持するのが大変、いつ廃業するかと悩みは尽きない。ブランドの麦豚を飼育したがコストがかかり、小さな農家では利益が思うように上がらない。TPPに入れば廃業するしかない」と明かしてくれました。

市長はこうした農家の声に耳を貸さず、「ブランド化されている豚が本市は多い。これらは対抗できるが、ほかは難しい。新しい価値を生み出そうとする頑張る農家が生き残る」と述べるなど、まったく危機感を持たず、TPPを受け入れようという姿勢は大問題です。

e0258484_19354454.jpg

先週、赤城山の山頂が白くなっていましたが、今日は中腹あたりまで白く、朝晩の冷え込みも一段と厳しくなってきました。
by hisako-koba | 2013-12-11 19:42 | 議会
山本龍市長が公約としていた全市デマンド交通については、来年3月から富士見住民を対象に社会実験を行うことが明らかになりました。

 「一般乗用方式によるデマンド型 相乗りタクシー」
 対象年齢は75才以上。運転免許を持っていない人は65才以上が対象で登録制です。
 タクシーのメーター方式で1人1運行あたり500円の助成金を払うというもの。
 相乗りした場合は乗車人数分を助成。
【具体例】
●登録者が3人相乗りし、メーター運賃 が1610円の場合
 →500円×3人-1610円=110円を3人で負担
【予約方法】
事前予約制(利用1週間前から前日まで電話予約可能)
【運行エリア】
富士見地域内の自宅から市中心部の乗降ポイントまで。ドアツードア方式
●車両は4人乗りのセダンタイプ

今回の社会実験は、残念ながら高齢者や交通弱者の願いに答えるものになっていません。対象を交通弱者に絞ることはやむおえないとしても、グループなどで利用する場合は料金も低く抑えられるが、ひとりで乗車するのはタクシーと変わらず、500円の助成があるだけです。また、どれだけの人が利用することができるのか。料金を均一にするなど低料金に徹するべきです。
by hisako-koba | 2013-12-04 18:12 | 市政
前橋市内、小屋原町「ガーデン前橋」に民間事業者が開設を目指している競輪の場外車券売場に反対する市民の会の代表5人は、11月27日、市長に対し売場開設に反対する要請書を提出しました。副市長と競輪事務所長が対応。4人の市議団も同席しました。

文教地区にギャンブル場はいらない
「反対する会」の井野保彦代表は「最初は住宅団地を造るということで住民は了解した。それが商業地域に変わり、準工業地域と変わり、今度は外車券売場とは絶対認められない。地域住民は開設に反対だ」と述べました。
 参加者は「共愛学園の大学や高校、永明小、木瀬中学校などある文教地区であり、青少年健全育成の面から問題だ」
「市の財政を庶民の懐を狙い、あてにすることは間違い」
「ショッピングモールは子ども達や家族連れなど買い物客でにぎわっている。ここにギャンブル施設は持ってこないで」
「周辺道路や駐車場内で事故を目撃した。今でも土日は駐車場がいっぱいなのに、場外の客が一日600人も入れば、さらに危険に」などと次々に発言。市長が場外車券売場の開設に同意しないように強く要請しました。

e0258484_1803270.jpg

by hisako-koba | 2013-12-04 18:01 | 要請行動

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba