こんにちは 日本共産党市議会議員 小林ひさ子です

khisako.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1月23日「マイタク制度にマイナンバーカードを導入することに対しての陳情書」(提出者・天川大島町1丁目・3丁目老人クラブ会長。全日本年金者組合前橋支部、東前橋支部、西前橋支部長)が総務委員会で論議されました。
 前橋市が、1月11日からマイナンバーカードを使用するマイタクの実証実験を3月まで行っています。
一昨年2月から始まったマイタクの登録者数は昨年3月末では一万8654人。昨年11月20日現在では2万1965人と増加しています。
 市は実証実験を行い検証するとしていますが、現在の紙ベースの利用券とマイナンバーカードの併用期間を設け、周知を諮ったうえで、カードへの一本化を図ろうとしています。
 75才以上のカード取得率は12・5%で、保持していない高齢者が圧倒的です。
カードを持ってない人はマイタクの利用ができなくなれば問題です。

紙とカードの併用を

 陳情の要旨は、紙の利用券とマイナンバーカードの併用を継続すること。
カードへの一本化は反対だが、どうしても1本化する場合は、マイタク利用者が一人も締め出されないように完全な手立てを講じてほしいというものです。
 市は「さらに事務量や経費が増えるので、併用は厳しい。一本化に向けては完全な手立てを。に対しては、1度取得すればメリット大きいので、登録者カード化へのサポート体制を検討していく」と述べました。
 便利になると強調していますが、個人を番号で国が管理し、さまざまな情報を集約していくことや、番号が他人に知れることでの詐欺や悪用などの被害など、マイナンバー制度自体に対する心配や疑問が市民の間にあります。

安心して乗れるマイタクに
 
 「これらを無視してカード1本化を図ろうとすることは問題」と指摘し、「 高齢者にとって便利というのは、カード化を促進することでない。、助成額が単独乗車は最高千円、2人以上の相乗りで1人五百円で、料金がいくらになるのか計算が複雑で、わかりにくいなどがあり、1回三百円とか低額固定料金にするなど、安心して乗れるようにすべき」と述べました。
また、マイタク専用のカードなど高齢者が、気軽に安心して乗れるマイタクへ改善が求められており、マイナンバーカード化は止めるべきです。
[PR]
by hisako-koba | 2018-01-31 18:52 | 議会 | Comments(0)

ふるさとバスは、大胡・宮城・粕川の地域を運行し、電話(027-283-3122)で「乗るバス停」と「降りるバス停」を伝え、バスが来る時刻にバス停から乗ります。(バス停は現在大胡地区109か所、宮城地区98か所、粕川地区86か所)
料金は大人210円、中学生以下100円で、地域外の方も乗ることが出来ます。(心臓血管センターとあいの山の湯は運行しています)

 
通院や買い物などに利用する利用者の声を反映し、4月1日からふるさとバスの運行開始を30分早くし午前8時からとする計画です。
また1日の計画を立てやすいように、午前中の運行を前の日に予約できるようにします(翌日の午前8時~正午の予約可)。
新しい運行時間は午前8時~午後7時まで。前日予約は午後6時10分~7時10分まで。
(運用の変更は、地域公共交通会議での協議が整うことや、関係機関での許認可が条件となります。)
問い合わせ先は交通政策課 027-898-5939

党市議団は、議会で自宅から目的地まで送迎してくれるドアツードア方式の導入を求めてきました。
引き続き地域の人に利用しやすいふるさとバスをめざしていきます。


[PR]
by hisako-koba | 2018-01-29 17:24 | 議会 | Comments(0)

e0258484_17501896.jpg
本日、県庁前で、アベ9条改憲を許さない、女性のアピール宣伝を行いました。
雪がまだ残る寒風吹きぬける中でしたが、「誰の子どもも殺させない」「憲法9条日本の宝」
「安倍9条改憲ノー!」などと道行く人や車にアピールしました。
 通りかかった女性から「がんばってください」などと声がかかり、車からも手を振る人もいて、
寒かったけど、元気に行動しました。


[PR]
by hisako-koba | 2018-01-24 17:53 | 活動報告 | Comments(0)

前橋市議会議員 小林ひさ子のブログです


by hisako-koba